FC2ブログ

私の見た映画・美術・

映画・美術・イタリア旅行の紀行文の紹介です。

『美術/音楽/舞台/読書』「おらでひとりいぐも」(若竹千佐子) 3/28

『美術/音楽/舞台/読書』「おらおらでひとりいぐも」(若竹千佐子)     3/28

DSC_9813_2019032823150332a.jpg


小説の題名は、宮沢賢治の「永訣の朝」に出てくる妹トシが臨終の時に云う言葉。「私は私で一人あの世に逝きます」。賢治、最愛の妹の死を看取った、妹としの別れの言葉である。親密な兄妹の、別れの今わの際の、せつない言葉だ。賢治のことが書かれたものだと思った。ところが老婆の東北弁の独白の綴りであった。
「おらおらでひとりいぐも」は孤独な老婆の心境の独白である。賢治と同郷の遠野地方の方言で書かれた文章は、通り一片の読み方を拒絶して、作者独特の内蔵している孤高の世界の語りの開示であった。

オリンピックの頃集団就職で東京に出て来た。同郷の周造と結婚したが息子娘の二人の子どもを残して旦那は先に逝った。今では子育ても終わり子供たちも家を出て、主人公の桃子さん一人の生活である。

今頃になって何故東北弁なのか。24の時に故郷を離れて五十年、日常会話も内なる思考の言葉も標準語で通してきたのに、なのに今、いつの間にか東北弁でものを考えている。おらの内側で誰かがおらに話しかけてくる。(おらのなかに)大勢の人がいる。おらの思考は、今やその大勢の人がたの会話で成り立っている。それを「おらの内側に住み込んだ小腸の柔毛突起のようだ」と言っている。

あのどぎにおらは重々分がったのさ。この世にはどうにも仕方がない、どうしょうもねごどがあるんだ、その前では、どんな努力も下手なあがきも一切通用しねってごどがわかった。人間の無力を思い知らされたわげで、絶望という壁を認めてしまえば、あとは楽だと思った。

山姥がいる。現代の山姥はかっての新興住宅にひっそりと住んでいる。子供を大事に育てたのに、子供の命を呑み込んでしまったのではと恐れる母親のことである。母さんが息子の見も知らずの男に大金を渡してしまったのは贖罪だと言ったら驚くだろうか。母さんは息子の生きる喜びを横合いから奪ったような気がして仕方がない。大勢の母親がむざむざと金を差し出すのは、息子の生に密着したあまり、息子の生の空虚を自分の責任と嘆くからだ。
「オレオレ詐欺」の解説みたいな文章ではないか。都会に生きる息子の空虚な生への母親の贖罪だと、、、

この頃飼い馴らし自在に操れるはずの孤独が暴れる。一体何が変わったのか。一体何をきっかけにそうなるのか。コドクの正体は何なのか、ある日、、、突然、地面に押し込められ身動きが取れないような圧迫感に襲われて、声にならない声をあげて、さみしいじゃい、おらさみしいじゃいとのど元から突き上げるのを感じるのである。

陸奥の方言という鎧で防御した作者の内的な孤独な心情、「さみしい、おらさみしいじゃい」のど元を突き破るように泣き叫ぶ。薄ぺらなことばかり続く浮き世を突き破るように、響いてくるのである。






スポンサーサイト



  1. 2019/03/28(木) 22:50:00|
  2. 美術/ 音楽/舞台/読書/文学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< 『2019年映画』「こどもしょくどう」(監督、日向寺太郎。脚本足立紳。)4/7 | ホーム | 『2019年映画』「金子文子と朴烈」(韓国映画、監督イ・ジュンイク出演チェ・ヒソ)3/12>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinema652.blog.fc2.com/tb.php/532-a4ba17a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)