FC2ブログ

私の見た映画・美術・

映画・美術・イタリア旅行の紀行文の紹介です。

『2018年映画』「教誨師」(主演、大杉蓮。監督/脚本、佐向大。)10月28日

『2018年映画』「教誨師」(主演、大杉蓮。監督/脚本、佐向大)10月28日

DSC_2366_20181028205816270.jpg
2018年2月、俳優大杉蓮が突然病死した。ロケ先の旅館で腹痛を訴え、急性心不全により搬送先の病院で亡くなった。66歳だった。400以上の映画・ドラマ・演劇に出演した彼の突然の死は衝撃をもたらし、何か大病を患っていたのか、、、と思ったが?

大杉蓮を70~80年代、板橋氷川台の倉庫を演劇空間にした劇場で見ている。能に通底した太田省吾主宰の「転形劇場」無言劇で、「小町風伝」「水の駅」など主役の一人として出ていた。当時、演劇はオーソドックスな大劇場より小劇場に、渦巻くように独自な演劇思想を持った演劇人が集まっていた。鈴木忠志、唐十郎、蜷川幸雄、串田和美、太田省吾、花組芝居等で、よくわからなかったが小劇団にはエネルギーがあった。転形劇場の無言劇は伝統芸能の能楽からの影響を受け、緊迫感ある舞台を創り出していた。演劇の主要素である「科白(せりふ)」(言葉)を無化して、空間の中に役者の動作と音で劇的空間を創出。削ぎ落す、純化させるなどのイメージが残っている。舞台を男と女が行ったり来たりしていた。、、、それからしばらくして、蓮さんは映画やテレビで見かけるようになった。しかし、無言劇の蓮さんと現代の彼とはイメージが合わず、亡くなって遺作の「教誨師」を見て何となく納得がいった。

DSC_2373_20181028205815b1b.jpg

 「教誨師」は大杉蓮のプロデュース・主演作であり、遺作でもある。大杉蓮の教誨師が6人の死刑囚に面会して対話をする。世界各国で廃止が決まる中、いまだ存続するわが国の死刑制度の下(死刑が極刑として肯定されている)で、死刑囚が望めば己の心の対話を行える宗教的行事(刑の執行までだが。)平安時代から牢屋に話に行くお坊さんのことが記録されていて、そこを起源とする。教誨師と死刑囚の対話、宗教的空間があったということか?教誨室という特異な空間での会話劇の中で、魂のぶつかりあい、次第に明らかとなるそれぞれの人生。人間の本質。生きるとは何か。罪とは何か。人間ドラマの展開である。

光石研①

 無言を貫き、心を閉ざして反応しない。教誨師佐伯(大杉蓮)の問いにも一切答えようとしない鈴木(古舘寛治)。気のよいヤクザの組長吉田(光石研)。年老いたホームレス進藤(五頭兵夫)、文字を読めない。後、教誨師から文字を習う。
DSC_2375.jpg

よく喋る関西の女、不気味さを感じる野口(烏丸せつこ)。子の方が拒否しているのに、我が子を思い続ける気弱な小川(小川登)。
DSC_2374_20181028205814b29.jpg

大量殺人者の高宮(玉置玲央)。相模原事件がモデル。攻撃的な態度を教誨師にするが、刑の執行の時それまでの態度と正反対になる。
教誨師は彼らが自らの罪を見つめ、悔い改めること。心安らかに「死」を迎えられる、などを目指す。しかし、なかなか思い通りにはゆかず、自分の言葉が彼らの心に届いていないことを感じる。一通りではない心を持つ死刑囚。教誨師との葛藤が、彼らの罪の深みに炸裂する。教誨師自らが自己の人生の罪と向きあうことになる。
DSC_2360_20181028205816ae4.jpg

死刑囚は何時、刑が執行されるか「待つ」のだ。有限の刑ではなく、無限の刑なのだ。ある意味では、「無意味な行事」だともいえる。どんなに精進しても死刑から逃げられないのだから。荒れる。自暴自棄。泣き崩れる、、、教誨師にむき出しの「生」をぶっける者もいる。
――物事の根底のところでの、真のドラマが生まれるのだ――
 それは、死刑囚だけでなく、教誨師もむき出しの「生」を晒されるのだ。何故、教誨師をやっているか?己の少年時代の過ちをえぐられることになるのだ。
映画で表現される「むき出しの生」を恐れ嫌悪すべきものと感じない。むしろ、「愛おしい生」「大切な生」として見えてくるではないか!
DSC_2365_20181028205814f0e.jpg
< 文字を教わった年老いたホームレスが文字盤に書いた文章。>

あなたがたのうち
だれが わたしに つみがあるかと
せめうるのか

DSC_2359_20181028210408fca.jpg


スポンサーサイト
  1. 2018/10/28(日) 20:52:41|
  2. 『2018年映画』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『美術/音楽/舞台/読書』「内田光子ピアノ・リサイタル/シューベルト.ピアノ・ソナタ」11/5 | ホーム | 『2018年映画』「負け犬の美学」(仏映画、監督.脚本サミュエル.ジュイ主演マチュー・カソヴィッツ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinema652.blog.fc2.com/tb.php/519-a7fe7cd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)