FC2ブログ

私の見た映画・美術・

映画・美術・イタリア旅行の紀行文の紹介です。

『日記』「ゲリラ豪雨ー東京の雷電・雷の落下」 8/30

『日記』「ゲリラ豪雨ー東京の雷の乱舞!」8/29~8/30

DSC_2131_20180830111117ea0.jpg

27日夜、東京を襲ったゲリラ豪雨は、雷の落下・物凄い雷鳴・浸水・道路冠水・京王線の全線スットプと、悪夢の一夜でした。

DSC_2135_20180830111116b0d.jpg

先の広島・岡山・の西日本ゲリラ豪雨の時、二つの川の合流地点を、想定外の大雨量があふれ出し、突然大きな湖を出現し様相を一変させた。自然界の猛威に恐怖しながら「もし、これが東京に来たら?」と不安だった。
それが来たのだ!あんな激しい雷鳴りは東京では近年初めてだ。大きな稲光と大音響の雷鳴が連続的に鳴るのは近くでの落下が続いたからだ。雨戸を閉めて通り過ぎるのをただ待つばかり。関東では栃木県が雷の名所だが、東京では!

DSC_2143_201808301111155dc.jpg

西日本ゲリラ豪雨の時、東京の災害について考えた。「荒川氾濫」という言葉があることを知った。地球の温暖化等による、巨大な台風・ゲリラ豪雨の結果、首都圏の排水処理能力が限界を超えて、大洪水が発生する。一時間に50ミリを超える滝のように降る雨が、10年前に比べて4割も増えているという。27日も世田谷付近では一時間に110ミリの猛烈な雨だった。ゲリラ雷電が池袋・渋谷・阿佐ヶ谷と連続して落下してもう終わりだろう思ったら、世田谷が冠水だという。ゾーとした。世田谷区の110ミリの雨は、排水処理能力を超えたか?東京の各地――低地や処理能力を超えた所が冠水している。

荒川は秩父山系から埼玉を通って東京に流れてくる。利根川と関東平野の河川を担っている。埼玉の山岳―秩父を源流として首都に入り、「岩淵水門」辺りで隅田川と分かれる。隅田川下流地域の洪水を守るために、荒川が放水路の役割を担っている。上流からの水位が4mを超えると「水門」が閉じられて総ての水は荒川に流れる。えっ、何だって!江戸の下町の防波堤としての「荒川水門」だって!政府は「荒川決壊」の条件として、72時間で550ミリを基準に設定している。それを超えた雨量の時、荒川は決壊する危険性があるという!関東の山岳地帯に500ミリの大豪雨が降り続くと、荒川などの排水処理能力を超える。堤防の決壊=東京の0メートル地帯は冠水する。荒川以外目黒川・神田川・渋谷川・仙川・綾瀬川・中川などの東京の河川も氾濫=周辺の土地の洪水。東京の水没、地下鉄・地下道の水没・交通機関のストップ・道路の水没等々、地獄絵を見せられた!

(目黒川の危険水位)
DSC_2144_20180830111115215.jpg

国土交通省・荒川下流河川事務所作成の<フィクション・ドキュメンタリー「荒川氾濫」>では、以上の警告を行っている。まさしく、それに近いことが27日にあったのだ。「荒川氾濫」が夢物語ではないことを、我々に警告している。

* 私の書斎(パソコンの置いてあるところ)が2階の東南にあるため、この炎暑では頭が働かずブログの更新も思うように行きませんでした。お詫び申し上げます。


スポンサーサイト
  1. 2018/08/30(木) 10:48:35|
  2. 『日記』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『2018年映画』「カメラを止めるな!」 9/1 | ホーム | 『2018年映画』「沖縄スパイ戦史」(監督、三上智恵、大矢英代、撮影、平田守)8/11>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinema652.blog.fc2.com/tb.php/513-d793e49f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)