FC2ブログ

私の見た映画・美術・

映画・美術・イタリア旅行の紀行文の紹介です。

『日記』 「南北首脳会談」 4/30

『日記』「南北首脳会談」4/30

DSC_1894.jpg

4月27日(金)韓国の文大統領と北朝鮮の金委員長は、南北境界線・板門店の「平和の家」で会談し、「完全な非核化を通じて核のない朝鮮半島を実現する」ことなどを明記した「板門店宣言」に署名した。

「板門店宣言」の骨子
*南北首脳が、完全な非核化を通して、核のない朝鮮半島を実現するという共通目標を確認
*年内に朝鮮戦争の終戦宣言をし、休戦協定を平和協定に転換するための会談を推進
*韓国の文大統領が今年秋に平壌訪問
*両首脳が定期的な会談、直通電話で議論
*敵対行為を全面的に禁止
DSC_1896.jpg

驚きの南北首脳会談だ!先日までトランプ米大統領との罵りあいの応酬の――反対者の粛清、暗いネガティブなイメージで覆われていた専制独裁者が、笑顔の若き指導者に変身だ!どのような政治ドラマがあったのか?ほとんど秘密のベールに隠されて知る由もない。これはこぼれ落ちてくる情報からの推測である。

4月29日(日)朝テレビで或る女性コメンテーターの次のような発言。北朝鮮に対して日本の政府筋やその他から猛烈なアタックがあった。北では上から「アベに構うな」という指令があった。アベは好かれていない?
夕方にも同じような情報。「アベは拉致を利用して北を悪く言う。制裁の圧力だけをうるさく言う」

夕6時48分、共同通信が文韓国大統領とアベ首相と電話会談を報道。27日の南北首脳会談の際に、金委員長が「いつでも日本と対話を行う用意がある」と述べたことを文大統領が伝えた。文氏が金氏に日本人拉致問題や日朝関係について提起し、首相の考えを伝えたと説明。首相は南北両首脳が署名した「板門店宣言」に「朝鮮半島の完全な非核化」が明記されたことを評価した。
(南北首脳会談、米朝会談がセットされる中で、日本が蚊帳の外に置かれアベの存在が希薄になって、拉致問題をトランプや文大統領にお願いする情けない状態だった。これでほっとしたか)

DSC_1898.jpg

*北朝鮮の情況
1948年建国の時に、北朝は自分主導で半島の統一をしょうと決めた。首相の金日成が中国の毛沢東、ソ連のスターリンの了解をとって南進したけれど米軍に遮られた。(朝鮮戦争)米の介入の武器は核兵器だと思った金日成は、1950年代から核兵器を作ろうと決意した。ワシントン・ニューヨークを火の海に出来る核兵器を持てば、米は半島の統一に介入しないだろうと思い、そのシナリオは今や出来上がったと確信している。
米に直接届く弾道弾ミサイルがほぼ完成したことは、北にとっても米にとっても異次元の世界に入った。防衛システムがない以上、米が「経済制裁」や「圧力」から「対話」に展開せざるを得なかった。この対話は平和主義の理想論からの発想ではなく、軍事オプションからきている。(日本は「圧力」を繰り返すのみ)米側はどのような「対話」オプションが可能か検討に入った。

北は平壌オリンピックへの「美女軍団」の登場、「併進路線」(核ミサイルも経済も両方やる)から「経済路線」への大転換の実行。それがこのたびの「南北首脳会談」の実現だ。従って、今回の金氏の「いつでも日本と対話する用意はある」その路線に沿った解放路線だ。さて北は何をするだろうか?

「板門店宣言」にあるように、朝鮮戦争の休戦状態から平和条約締結の方向に向かうだろう。日本は第2次大戦の朝鮮半島に対する「戦後処理」―北朝鮮との平和条約の締結・戦争賠償、拉致問題の解決などの課題が待っている。日本は第2次大戦以前の朝鮮半島への植民地支配への謝罪と賠償が終わっていないのだ。

北朝鮮は例えば中国型の国を目指すとすれば、解放経済が課題になる。そのため日本の賠償が期待されるだろう。アジアの軍事オプションとして北朝鮮の、非核化・経済の発展・内政の近代化――韓国・北朝鮮・米国・中国・日本・ロシアの6ヵ国協議の発展が必要不可欠である。日本は第2次大戦の戦後処理―謝罪と賠償―が求められてくる。


スポンサーサイト
  1. 2018/04/30(月) 13:41:58|
  2. 『日記』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『2018年映画「マルクス・エンゲルス」(ラウル・ペック監督、仏・独制作)5/11 | ホーム | 『日記』「セクハラ報道番組を見て」 4/19>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinema652.blog.fc2.com/tb.php/498-52371225
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)