FC2ブログ

私の見た映画・美術・

映画・美術・イタリア旅行の紀行文の紹介です。

『日記』「セクハラ報道番組を見て」 4/19

『日記』「セクハラ報道番組を見て」4/19

DSC_1886.jpg

4/16(月)

 財務省福田次官のセクハラ疑惑について、財務省は以下のコメントを発表。
* セクハラ疑惑の否定
* 辞任の否定
* 名誉棄損で新潮社の提訴を準備
* 財務省は外部の弁護士に委託して調査を続ける。同省記者クラブの加盟各社の女性記者に調査への協力を要請
 これに対して批判が続出。「#MeToo(私も)」は性暴力を被害者が自ら告発する動きであり、私も受けたと告発を続ける運動、セクハラに対する視線は世界中で厳しさを増している。名乗りでなければ、何もなかったことにされてしまう。「弁護士(女性弁護士もいるぞ)を用意するから出てきなさい。財務省はこんなにもしてやったのだ」と上から目線で言っている。セクハラが被害者の尊厳を傷つける行為だということをわかっていない。「どうせ出てこないだろう」、という確信犯だ。
 しかし、与党からも各界から批判が続出。女性記者らから批判も。

4/18(水)記者クラブの抗議文が財務大臣宛てに。
 福田次官更迭。セクハラは否定。何で辞めるのか?職責を果たすことが困難と言って辞任した。
テレ朝会見
「被害者は、テレビ朝日の女性記者。1年半前から取材で*「一体一対応」の取材をした。その度にセクハラ発言があっため、身を守るために会話を録音した。
*政治部の記者の取材方法。(「一対一対応」でなければ情報が取れないという。)

上司に訴えたが、2次被害の恐れがあると拒否された。黙っていてはいけないと思い、雑誌社に申し入れた。本人は大変傷つい
ている。

テレ朝の会見は以上だが、女性記者の訴えを2次被害の恐れとして黙殺したテレ朝への批判は免れない。テレ朝は財務省に抗議するといっているが、具体的にセクハラを無くすにはどうすればよいのか。問題は簡単ではない。
18日の新潟県知事の売買春疑惑退陣会見、福田財務省次官のセクハラ疑惑会見と連日続いた。今世界では「#MeToo」のセクシャルハラスメントの運動が盛んになってきた。今回の福田次官のセクハラ疑惑は、日本のジャーナリズム&マスコミの「#MeToo」運動の切っ掛けになるか。18日記者クラブは抗議文を送った。但し、24社の内「日経」など4社が棄権した。

 記者クラブ・新聞労連・民放など集まりはあるが、歴史的な経緯から期待する動きは望めない。しかし、やじ馬的に見ていて、日本のセクハラは根深い男性の女性差別と関係がありそうだし、今の日本の男性は性・異性への意識を自己チェックしないと世界に通用しないことは確かだ!

②4/16(月)
小西参院議員に、幹部自衛官が「お前は国民の敵だ!」と暴言を吐く!問われる文民統制。戦前の陸軍の2・26事件、5・15事件を思い出す。だんだん怖い日本になってきた。実力組織の幹部が極右まがいの発言をゆるしたら、と思うと恐怖を覚える。日報の紛失問題が関係してないか?政治が空虚な最低ラインに陥った時、、、怖いのは実力組織の暴発である。歴史を見れば答えは出ている。





スポンサーサイト
  1. 2018/04/19(木) 20:27:14|
  2. 『日記』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『日記』 「南北首脳会談」 4/30 | ホーム | 『2018年映画』「ペンタゴン・ペーパーズ最高機密文書」③「抗う者の拠り所」 4/12>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinema652.blog.fc2.com/tb.php/497-9bb448c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)