FC2ブログ

私の見た映画・美術・

映画・美術・イタリア旅行の紀行文の紹介です。

『2018年映画』「ローズの秘密のページ」(監ジム・シェリダン,撮ミハイル・クリチマン)3/3

『2018年映画』「ローズの秘密のページ」(監ジム・シェリダン、撮ミハイル・クリチマン,演ルーニー・
マーラ、ヴァネサ・レッドグレイヴ 3/3


DSC_1646_20180301183605b47.jpg
ルーニー・マーラは昨年「キャロル」でケイト・ブランシェットと溜息の出るような美女を演じた。
ヴァネサ・レッドグレイヴは私にとって永遠なる理想の女優である。アメリカの女性作家リリアン・ヘルマンの自伝的小説に基づく映画「ジュリア」(1977年)で最高の知性溢れる女性ジュリアを演じた。
DSC_1634.jpg

第2次大戦の彼方にファシズムに殺されてゆくジュリアを親友のリリアンが回想するという筋立て。監督はフレッド・ジンネマン、リリアンをジェーン・フォンダ、リリアンの連れ合いの作家ダーシル・ハメットをジェイソン・ロバーズと名キャストで飾った。
DSC_1629_201803011836074aa.jpg

今回の映画「ローズの秘密のページ」では、81歳の老女が第1線の主役を演じることが凄いのだ。私は彼女の碧眼が素敵だと思う。アイルランドの精神病院に幽閉されて40年いかに生きたか。自己の無罪と正気を主張し続けた主人公の人生の一切を身体で表現していた。ヴァネッサはこの物語の主人公をギリシャ神話の「アンティゴネ」(盲目の父を導いて旅をし、国法に逆らって己の主張を貫き幽閉されて殺されてしまう悲劇の象徴)と位置づけている。

DSC_1611.jpg
アイルランドの西部の精神病院の閉鎖に伴い、転院のための再診に訪れた精神科医のスティーブン・グリーン(エリック・バナ)は、転院を拒む老女に注目する。彼女はローズ・クリナ(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)、赤ん坊殺しの罪で精神犯罪者として40年も収容された老女であった。赤ん坊殺しの罪を否認し続け、自分の名は「ローズ・マクナリティ」だと訴える様子は他の患者とは違っていた。彼女は一冊の聖書の中に密かに日記を書き綴っていた。彼女の只ならぬ様子に興味を持ったグリーン医師(エリック・バナ)は、彼女に寄り添い対話をして心を掴んでゆく。彼女は日記を辿りながら、半世紀前の記憶を遡り、自分の人生を語りだした。

DSC_1599.jpg

舞台は1940年代のアイルランド。長年の英国(国教会=プロテスタント)との戦争で戦い抜き、北アイルランドを残して独立したカトリックの国アイルランド。地方は因習に囚われた保守的な雰囲気を残していた。戦禍を逃れて叔母の家に来てカフェを手伝っていたローズは、その美貌から多くの地元の若い男たちをひき付けた。カトリックのゴーント神父(テオ・ジェームズ)や地元のIRAの若者たちが行為をよせる。だが、男たちは好意を跳ねつけられると逆に憎悪感を持ってローズを疎外するのだった。人目を気にする叔母はローズを山の隠れ家に追いやるのだった。そこで英空軍のパイロットに志願した地元の裏切り者マイケル(ジャック・レイナ―)に出合い恋に陥る。
DSC_1602.jpg

マイケルと濃密な時間を過ごす。バイクで駆け抜けた海岸、戯れた砂浜、二人の人生で最も受実したひと時だった。

しかし、マイケルは地元IRAからは裏切り者として追求を受け捕まってしまう。マイケルの子を生んだローズは自力で出産、婚外子を生んだ母親は施設に収容されるのだった。その時嬰児の臍の尾を切るのを嬰児殺害と誤認され、子殺しの精神病犯罪者とされ精神病院に収監される。町の有力者であるゴーント神父はかねてよりローズに思いを抱いていて裏切られた嫉妬から彼女を精神病犯罪者として病院の奥深くに幽閉する。いわば、男の「嫉妬」が第2のテーマである。
グリーン医師は彼女が持っていた聖書の40年に亘って書き綴った日記に真実を証明する証があり、ゴーント神父の偏見に満ちた報告書も見つかった。殺されたはずの子が現れるというミラクルで映画は締めくくられる。ラスト近くにヴァネッサがピア弾くピアノ曲「月光」がよかった。
DSC_1605.jpg

監督
ジム・シェリダン(アイルランド・ダブリン出身。「イン・アメリカ/3つの小さな願い事」



スポンサーサイト
  1. 2018/03/01(木) 18:21:57|
  2. 『2018年映画』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『2018年映画』「花咲くころ」(ジョージア映画、監ナナ・エクフティミシュヴィリ)3/10 | ホーム | 『2018年映画』「THE PROMISE君への誓い」(アルメニア大量虐殺を描く) 2/26>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinema652.blog.fc2.com/tb.php/487-14c19938
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)