FC2ブログ

私の見た映画・美術・

映画・美術・イタリア旅行の紀行文の紹介です。

『2018年映画』「早春」(E・スコリモフスキ監督70年作品の再公開、ロンドンで撮影)1/26

『2018年映画』「早春」(ポーランドのE・スコリモフスキ監督の70年作品の再公開。1/26
             亡命中の監督がロンドンで撮影、日本72年公開以降劇場公開がなく、
             未ソフト化も加わって一部に熱狂的人気の青春映画。
             監督イエジ―・スコリモフスキ。音楽キャット・スティーブンス(英)。
             ロックバンドのCAN。
             主演ジェン・アッシャー。ジョン・モルダー・ブラン

DSC_1423.jpg

15歳の少年のはじめての恋と、性的欲望に翻弄される青春映画。サイモンとガーファンクルの音楽のような40余年前の青春の息吹きを感じさせる映画だ。
DSC_1418.jpg

 ロンドンの公衆浴場に就職した15歳のマイク(ジョン・モルダー)は、そこで働く年上の女性スーザン(ジェン・アッシャー)に恋心を抱く。だが婚約者がいながら別な年上男性とも付き合う彼女の奔放な性生活を知るうち、マイクの彼女への熱愛がエスカレートしてゆく。15歳の主人公の年上の彼女への必死の思いと、性に目覚めた少年の唐突な性的欲望の噴出!悲愴でコメディカルなシーンが痛い痛しく赤裸々で切なくなる。
DSC_1421.jpg

 音楽がサイモンとガーファンクルみたいだといったが、英のキャット・スティーブンスの音楽も同じようなもの。70年の当時世界の青春音楽だったのか。

 映画で大きく主張しているのが<赤>だ。真っ赤というかペンキで壁を塗ってゆくシーンが印象的だが、血とか性とか強烈な印象を与えるが、監督はもっと深い意味を表現しているのか?映像における鮮烈な<真っ赤>の意味を考えると、青春前期の男子の性・恋を意味しているのではないかと思う。これは女性にはわからない世界の話しである。

DSC_1414.jpg

 少年の性だが、はじめは等身大のスーザンの立て看板を抱いているシーンに少年の性の象徴とも捉えたが、終わりの水の中でのスーザンとのシーンは幻想的な美しさに目を見張った!イエジ―・スコリモフスキが只者ではないことを示している。
           
*ポーランド映画監督・イエジ―・スコリモフスキ(1938~79歳)
映画監督・脚本家・俳優。ワルシャワ大学卒業。1960年アンジェイ・ワイダ監督の「夜の終わりに」の脚本を担当。
62年に脚本を担当したロマン・ポランスキー監督の「水の中のナイフ」は、第23回ヴェネツィア国際映画祭で批評家連盟賞を受賞。アカデミー賞にノミネートされた。
67年「出発」がベルリン映画祭を受賞。前年の仏のゴダール監督の「男性・女性」に出演したジャン・ピエール・レオなどが出演しヌーベル・ヴァーグの影響を受けている。70年の「早春」は彼の代表作となった。その後数々の映画を監督し、又俳優としても活躍した。
2008年祖国ポーランドを舞台にした映画「アンナと過ごした4日間」で17年ぶりに監督に復帰して、東京国際映画祭に受賞した。2015年「イレブン・ミニッツ」を監督。現在も健在である。





スポンサーサイト
  1. 2018/01/26(金) 18:24:36|
  2. 『2018年映画』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『2018年映画』ロングロングバケーション」(ヘレン・ミレン&サザーランド共演)2/1 | ホーム | 『2018年映画』「花筐」(原作檀一雄、監督大林宜彦) 1/8>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinema652.blog.fc2.com/tb.php/479-5a1db518
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)