FC2ブログ

私の見た映画・美術・

映画・美術・イタリア旅行の紀行文の紹介です。

『日記』 「鎌倉遠足」 12月26日(火)

『日記』「鎌倉遠足」2017年12月26日(火)

DSCN1087_201712301927322d7.jpg

 春に「奈良の大仏」を見た孫のT君は、鎌倉の大仏を見たいという。冬休みに入った快晴の某日、藤沢から「江ノ電」に乗って出かけた。暮れの平日の朝なので、一番前の運転席が見える椅子が空いていた。「電車男子」の彼は大喜びだ。何回か江ノ電に乗ったがこれは初めてだ。
 江ノ電の面白みは江の島を過ぎた所からだ。市内の大通りの軌道を、車とすれすれに走るスリルや、民家の路地裏を通り抜ける生活感だ。そして路地裏の向こうに広がる湘南の海だ!一瞬だが、永遠の時が止まったような煌(きらめ)きを覚える。江ノ電はオモチャのような、昔東京を走っていたちんちん電車のような感じなのだ。映画「鎌倉物語」では黄泉の国へ行く電車として走り、銀河鉄道のように冥界に突入してゆく。鎌倉に魔物や妖怪を感じたことはないが、映画は大人の夢物語。

 稲村ケ崎で下車、「七里が浜の磯伝い/稲村ケ崎名将の/剣投ぜし古戦場」と唱歌<鎌倉>を口ずさみながら海岸に出る。冬の海辺の寒風の激しさ。さすがにサーファーはいない。荒れ狂う波、夏とは真逆の風景に凍え、鳶に襲われるかのような恐怖を味わう。来し方を振り返れば江の島、雪を被った富士。正面に大島が見える。丁度上げ潮の真っ最中で荒い波が押し寄せてこんな七里ヶ浜は初めてだ。
DSCN1081_20171230192731aa8.jpg

 長谷で降り、大仏まで歩く。T君は予想外の大きさに驚いたようだ。奈良の大仏までは大きくないが、思っていた大仏より大きく美しいと感じていた。仏像の大きさが面白いらしい。春の旅行は阿修羅像がメインだった。理系好みのT君、歴史や文化にも興味を持って欲しいと思うのだが、、、

 長谷寺に行く。庭の梅が少しつぼみをつけていた。和みの地蔵とか名づけられた素焼きの小さな地蔵が可愛らしく合掌、帰りに近くの土産物屋で地蔵のコピーをT君はお土産に買った。

 鶴岡八幡宮の階段の前で大銀杏の無惨な姿を見て、歴史のエピソードを話す。階段は傾斜が老体にはきつく息をきらした。八幡宮からの市内の風景はいつ見ても勇壮な心になる。なぜだろうか?




スポンサーサイト
  1. 2017/12/28(木) 21:24:50|
  2. 『日記』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『日記』 「平成30年 年賀状」 2018年1月1日 | ホーム | 『日記』 「2017年を振り返ってーメモ」 12/18>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinema652.blog.fc2.com/tb.php/476-b97158f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)