FC2ブログ

私の見た映画・美術・

映画・美術・イタリア旅行の紀行文の紹介です。

『2017年映画』「IT/イット”それが見えたら、終わり。」(原スティーヴン・キング。監アンディ・ムスクエティ)12/2

『2017年映画』「IT/イット“それ”が見えたら、終わり。」 12/2
(原作スティーヴン・キング)  
                  監督アンディ・ムスキエティ。脚本キャリー・フクナガ他
                 撮影チョン・ジョンフン音ベンジャミン・ウオルフィッシュ
      出演ジェイデン・リーベラー。ビル・スカルスガルド。フィン・ウルフハード。

DSC_1179.jpg

 スティーヴン・キングと言えば、「スタンド・バイ・ミー」(1986年)によってアメリカの青春小説・映画の代表作のように思っていた。しかし、「キャリー」(1976年)から始まるホラー作品の第一人者なのだ。キングのホラーはアメリカの平凡な町で起る殺人事件で、日常生活をしっかり描く「モダン・ホラー」といわれる作品である。単なるホラーではなく、言わば少年成長物語の傑作なのだ。1986年の「IT/イット」を2017年リメーク映画化、少年たちの冒険譚(スタンド・バイ・ミー)と「キャリー」の合作ともいうべき奇怪な傑作に仕上がった。
DSC_1175.jpg

 1980年代の末、アメリカの田舎町でビルは弟のジョージと紙船を作って遊んでいた。弟は「外で遊んでくる」といって、黄色のレインコートを着て雨の中紙船を流しに行った。そ、して、おびただしい血痕(けっこん)を残して、そのまま行方不明になった。弟のジョージが行方不明になった後、町では次々と子どもの同様な事件が起きる。不気味な暗雲が町に漂う。ビルは弟が何か不気味な恐ろしい事件に巻き込まれたのではないかと恐怖にとり付かれる。或る日弟の幻影と共に恐ろしいピエロを目撃する。町には恐ろしいピエロ=ペニー・ワイズが30年毎に出現して子どもたちを襲うという恐怖伝説の風評がある。少年たちの間にそれが広まって彼らは恐怖に慄(おのの)いている。
DSC_1191.jpg

 ビルは「虐められっ子」の「負け犬クラブ」に属する少年で、「スタンド・バイ・ミー」と同じように町の不良群団にいつも虐められていた。アメリカではどこも街を支配する年上の不良群団と、彼らにいつも虐められている「負け犬クラブ」との対立が街の支配構造だ。ビルは仲良しの「負け犬クラブ」の仲間―ひょうきん者のリッチー・ユダヤ人のスタンリー・喘息持ちのエディと共に、夏休みを迎えるが弟の失踪事件を探ろうと提案する。クラブには転校生のベン・色々噂のある少女ベバリーが加わって探検の開始だ!なぜ下水道探検か?弟が下水溝に消えたので下水道が怪しい!それは町外れの古い井戸の家に繋がっていた。ビルたちのグループは古井戸の中の探検に乗り出した。
DSC_1171.jpg

 古井戸の中の下水道で、恐ろしいピエロ(ペニー・ワイズ)との闘いが始まるのだが、ペニー・ワイズとは何だろうか?ペニー・ワイズは恐ろしい罠や恐怖体験を次々と仲間たちへ仕掛ける!仲間の少女ベバリーは性的虐待を繰り返す父親を耐え切れずに便器で殴り殺し、虐めの不良群団のリーダーのヘンリーは威圧的な警官の父親を我慢出来ずにナイフで殺した。ビルはとうとう弟のジョージに出合う。黄色のレインコートの弟は「お兄ちゃん、お家に帰りたいよ」と兄に泣く。ビルは思わず泣くが、「お前は偽物だ!」といって弟の頭を撃ち抜く。すると、たちまちベニー・ワイズの姿になって逃げてゆく。

DSC_1190.jpg

 「ベニー・ワイズ」とは少年たちの心の底に棲む<恐怖・慢心・怠惰>だったんだ。<恐怖>を克服した「負け犬クラブ」の仲間たちは、今や恐れることなくベニー・ワイズに立ち向かっていった。

スポンサーサイト
  1. 2017/12/02(土) 18:02:35|
  2. 『2017年映画』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『日記』 「今年の冬の寒さは格別です。」  12/4 | ホーム | 『日記』「行政はねじ曲げられた」 11/28>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinema652.blog.fc2.com/tb.php/473-c4374cc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)