私の見た映画・美術・

映画・美術・イタリア旅行の紀行文の紹介です。

『日記』「それでも憲法9条改正に反対する」 10/19

『日記』「それでも憲法(9条)を守る」 10/19
 
DSC_0795.jpg

 改憲勢力が3/2以上の大勝とマスコミに囃し立てられて、10/16(月)自民は臨時国会で「9条改正案」を提示するという。いよいよ、改憲だ!戦後70年の終幕の始まりか!
 10月22日の投票日まで3日だ。以下各政党の憲法に対する立ち位置を示す。
・「9条改正」を積極的に推進しているのが    =自民・維新・こころ=(307)
・他の項目で改憲といっているのが        =公明・希望・=  (90)
・憲法改正―特に9条絶対に反対         =共産・社民 =  (20弱)
・安保法制(集団的自衛権の行使)下の9条反対  =立憲民主   =  (33)
 自公で3分の2(310)を獲ると言っている。改憲に反対と言っているのは、立憲・共・社・無所属の元民進で3分1=156に遠く及ばないだろう。

 なぜこんな事態に陥ったか?自公に対して、野党が立憲・共・希と乱立しては勝てないのだ。小選挙区では自公に対して野党が共闘して一本化して戦わなければ勝てないのは自明の理と言われた。ましてや、希望が与党と野党の間に立って曖昧な態度では勝利はない。そこに共産と連合の対立が絡めば共闘は覚束ない。選挙直前の民進の解体と希望への吸収、立憲の創立、民進大物たちの無所属への流れでは「共闘」を構築する余裕がなかった。北海道とか新潟とか宮城など「野党共闘」の実績のあるところでは、共闘が進んでいるが。全国の自公・希・立・共・社・維が全部出揃っている選挙区を見て、ため息をつく。

 憲法改正のかかった今回の選挙では改憲に「ノー」の立憲民主・共産・社民に投票をお願いしたい。選挙後は政界再編が行われると予測されるが、(希望からの憲法問題への不満)何しろ「野党共闘」の地道な構築が課題だ。強力な自民に勝つためには野党が乱立していてはダメだ!

 憲法9条の平和主義・基本的人権・民主主義は、第2次大戦で日本国民が多大な犠牲を払って勝ち取った貴重な財産だ。9条のお陰で戦後70年は戦争が無かったし、戦死もいなかった。私は少年時に戦争の悲劇・アジアの人々への非道な加害を聞いて育った。みなさん!阿部自民が勝てば、日本は一変します。反改憲派の立権か共産か社民に入れて下さい。
2017.10.19

2017.10.20
民進党の解体の中ーリベラルの混乱の中で、枝野が立ち上げた「立憲民主党」を応援したのは共産だった。一番すごいことは立憲の主要メンバーの立候補に対して、立候補を取り下げたことだ。共産は「野党共闘」・将来の野党再編を睨んでの布陣を考えていた。その為、共産の当選者が減少する恐れが出てきた。「民主」側がお返しをする番だ。

  「小選挙区は立憲・比例は共産」

 こういう心づかいが明日の「野党共闘」の無限の可能性の展開を示している。。



スポンサーサイト
  1. 2017/10/19(木) 04:37:13|
  2. 『日記』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『日記』「終わってみたけれど、、」 10/23 | ホーム | 『美術/音楽/舞台/読書』「河瀬曻展ー目と手のちょっと先へ」 ~10/15まで 10/12>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinema652.blog.fc2.com/tb.php/466-296d2051
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)