私の見た映画・美術・

映画・美術・イタリア旅行の紀行文の紹介です。

『日記』「リベラル派の結集なるか――<立憲民主党>の創立」 10/3

2017年『日記』「リベラル派の結集なるか――<立憲民主党>の創立」 10/3

DSC_0795.jpg

10月2日(月)、民進党の枝野幸男代表代行が新党「立憲民主党」の立ち上げを表明した。参加者は民進前職、元職、新人で、リベラル系の受け皿となる。参加を表明しているのは民進党から長妻昭氏、赤松広隆氏、菅直人氏、辻元清美氏、海江田万里氏などである。ひとまずほっとした感がある。「リベラル派の排除」はレットパージであり、「踏絵」を踏ませるに等しい行為である。これは多くの人々の心に傷(ルサンチマン)として残った。師匠格の細川元首相さえ「選別、こざかしい」と批判的だ。

 「立憲民主党」の立ち上げは、リベラル派の拠り所になるとほっとした。一昨年の安保法制反対闘争の担い手で重要な役割を果たしたのが市民運動だった。「総がかり行動」「1000人委員会」「SEALD s」「ママの会」「学者の会」その他数人のグールプを入れると無数の市民の運動だった。民進のおかしな発言にヤジが飛ぶ自由な雰囲気があった。「前原民進」の非共産=非野党共闘路線に対して、「野党は共闘」「野党は市民と共闘」のコールが叫ばれた。枝野氏の「立憲民主党」の立ち上げに市民運動が一役担っているといえる。又、これから担わなくてはならない。候補者全員の当選に力を出してゆこう。それにしてもSEALDsのような若手の運動が欲しい。彼らの行動力・発信力が欲しい。

 自民の衆院選での重点項目が2日発表された。①北朝鮮対応➁アベノミクスの加速③生産性の向上④保育・教育の無償化⑤地方創生と災害復興加速⑥憲法改正―の六本柱である。自民が改憲を重点項目として前面に掲げたのは初めてである。そこまで歴史は迫ってきているのだ。いよいよ闘いが始まる。決して負けられない。70年、戦争の遺産で保たれた「平和」を守れるかどうかの戦が始まるのだ!



スポンサーサイト
  1. 2017/10/03(火) 18:03:21|
  2. 『日記』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『日記』「陰謀・裏切り・非情な闘い=現代政治政争史」 10/4 | ホーム | 『日記』「リベラリズムの危機ー憲法9条はどうなる?」 9/30>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinema652.blog.fc2.com/tb.php/463-9d2c6ba1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)