私の見た映画・美術・

映画・美術・イタリア旅行の紀行文の紹介です。

『日記』「リベラリズムの危機ー憲法9条はどうなる?」 9/30

2017年『日記』「リベラリズムの危機―憲法9条はどうなる?」    9/30

DSC_0796.jpg

 この一週間小池ドラマによって舞台は2転3転して、リベラリズムの危機という最悪な時を迎えた。9月27日(水)ご存知のように「民進」は新党「希望」への事実上の合流を目指すことを決断した。代表前原の提案を両院協議会で彼に一任した。ところが希望側(小池)では①元総理経験者はダメ➁安保法制に賛成しない人はダメ③改憲論議に賛成でない人はダメと言いだした。リベラル派には高いハードルで待ったを掛けた。2015年の安保法制では民進は党を挙げて反対闘争を組んだ。左派魔女狩りは民進の当事者たちに大きな衝撃と苦渋を与えた。小池という政治家は安倍と同じ極右ではないか?リベラル派は議員であることの存在意義を問われた。
 事は簡単ではない。小池は維新とも組もうとしている。例えば同じ選挙区で長年維新と争ってきた民進候補を希望側がどうするか?希望を断ったら維新候補は小池の勢いを得て民進を潰しにかかるだろう。政治家にとって「議員」が生命線なのだ。リベラル派で鳴らした議員にとって苦渋の選択を迫れている。

 希望との合流を受け入れた民進政治家に疑問を持つ。色々な政治家がいるのに、と。解散間近で党全体が喪失状態に陥っているのか?だからマジックにかかってしまったか?なぜ「リベラル派」で野党共闘をして頑張れないのか。私にとって「9条=命」であり、戦後民主主義・平和・平等は生命線だ。今、この国において大切な時期にきている。阿部と小池の時代に信念を貫こうとすれば―命を取られる情況に在るのだということを、大げさではないのだと言いたい!



スポンサーサイト
  1. 2017/09/30(土) 22:45:03|
  2. 『日記』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『日記』「リベラル派の結集なるか――<立憲民主党>の創立」 10/3 | ホーム | 『日記』「衆院選 28日臨時国会冒頭解散!」 9/20>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinema652.blog.fc2.com/tb.php/462-b2b73b85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)