FC2ブログ

私の見た映画・美術・

映画・美術・イタリア旅行の紀行文の紹介です。

『日記』「内閣改造――内閣支持率の行方は?」 8/9

『日記』「内閣改造―-内閣支持率の行方は?」 8/9


DSC_0581.jpg

安倍内閣は支持率急落を受けて8/3に内閣改造を行った。骨格は変えずに問題の担当大臣を挿げ替えて、「南スーダンの日報隠し」・「森友・加計疑惑隠し」を断行、野田聖子・河野太郎・林芳正・小野寺五典ら一見目新し人材を配した。内閣改造を受けての世論調査ではどうだったか?多少の効果があって改造後の政権アップがあったものの、国民の目は厳しい。安倍首相を信頼がおけない・加計問題への不信が圧倒的に多い。「森友・加計疑惑問題」という総理に直結する疑惑が払しょく出来ない。


前にも触れたように、民進の都議選における敗北・蓮舫代表の辞任!何故辞任なのか?安倍政権が支持率急落、不祥事が続くなか、受け皿となるべき野党第一党の代表も不在とはどういうことか?しかも代表選は9月1日だという。1ゕ月の不在をどうするのか?民進党は政党の態を成していないのではないか?
(党員・サポーターを含んだ選挙方法で1ゕ月後の日程ということだが、余りにも危機感が無いではないか!国民に目を向けているのか!と怒りの矛先をどこにぶつけるべきか?)


都民ファーストによって東京の民進はガタガタになった。都市部の民進は今後どうなるか?(東京や都市部。参院選の「野党共闘」でよく闘った「日本の北の1人区」を除く)今代表選で枝野氏と前原氏が争っているが、細野氏の離党・小池新党(若狭議員の動き)・それに呼応するかも知れない民進の一部の動き、、、色々な予測が成り立つ。


野党「民進」の運動のテーマとして、
「改憲又は憲法」「原発」「野党共闘」「特に共産党との関係」「連合又は労働組合との関係」まだまだテーマはあると思うが、第1の焦点は「野党共闘」の共産との関係だ。民進の保守派には「共産アレルギー」がある。ヨーロッパの政治を見ていても様々な共闘がある。彼らの「共闘」の原点は「対ナチス」のレジスタンスだ。日本においても「安保法案反対」や参院選を「野党共闘」で闘った。時代はどんどん進化する。日本の巨大な保守反動に勝つには「野党共闘」で闘うことだ。
私は「憲法9条を守る」「反原発」「野党共闘」「真の労働組合」等の立場に立ちたい。小池新党の動きによっては野党再編又は政界再編が起きて、想定外の事が起きるかもしれないが、護憲の立場を貫きたい。


しばらく休みます。皆様のご健康をお祈りします



スポンサーサイト
  1. 2017/08/09(水) 10:49:05|
  2. 『日記』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『日記』「緊急ニュース—ー戦争は絶対反対!」 8/10 | ホーム | 『2017年映画』「甘き人生」(イタリア映画、監督マルコ・ベロッキオ) 8/1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinema652.blog.fc2.com/tb.php/454-2a24a4a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)