私の見た映画・美術・

映画・美術・イタリア旅行の紀行文の紹介です。

『2017年映画』「この世界の片隅に」(原作、こうの史代。アニメ監督、片渕須直、声のん1/21

『2017年映画』「この世界の片隅に」(アニメ映画、原作、こうの史代漫画。1/21
                       監督、片渕須直。音楽コトリンゴ、声優のん


DSC_0003.jpg

広島出身の漫画家「こうの史代」の原作「この世界の片隅に」を、片渕須直監督がアニメ映画した。SNSを通じて評判は広がり爆発的な人気を呼んで、100万人の観客を得て人気は益々広がるばかりだという。

作品は戦時下の広島から軍港・呉に嫁いだ、18歳のすず(声、のん)が激しくなる戦禍の中、一生懸命に生き抜く姿が描かれている。
DSC_0022.jpg
                
私が興味を持ったのは、このアニメ映画は戦時中の庶民の生活を描いたのだが、若い人に圧倒的な支持を受けたことだ。平成の今、戦争ははるか昔の出来事であり、あらゆる分野で若者の心を掴めないという嘆きが聞かれるのだ。被爆2世のTさんは原爆の実体を若い世代に伝えるためにドキュメンタリーを作って、平和運動を担ってきた。ところが、原爆の被害を直接訴える映像は敬遠されて、こうした映画の上映の機会が失われたという。Tさんにとって戦争がもたらした過酷な現実をどうしたら、次の世代に伝えることが出来るかが課題だという。
「この世界の片隅に」は何が今の人々の胸を打ったのだろうか?このことは重要なポイントである。

DSC_0020.jpg

原作者のこうのさんは言っている、「戦争の悲劇が死者の数だけで計られがちに違和感を抱いてきた。戦時下に確かにあったはずの人々の生の輝きや悲しみを作品に込めたかった。」

家族の

この映画は戦時下の庶民の生活を描いている。繰り返し描かれる食事のシーン。「いわしの干物4匹で一家4人の3食分」の配給。道端の雑草を工夫して食べたり、洗濯にいそしんだり、毎日が楽しそうである。

DSC_0038.jpg

この映画の主人公<すず>の声を担当した、のんさん(連ドラの「あまちゃん」)は登場人物1人1人がたまらなくいとほしいと感じるという。「ご飯を食べて幸せに感じたり、お洗濯するのが誇らしいとか思えるようになった」「毎日生きていく中で感じることは、昔の人と今の人と変わらない部分があるんじゃないか」と言っている。こうして70年前の戦時中と平成の今が地続きになった。ここがポイント。
戦時下の生活というと竹やり訓練とか隊列行進とか貧しく画一的な息苦しいイメージが思い浮かぶが、実際には人々の笑いとか食事とか会話とか、今と変わらない人間の営みが主ではなかったか。

DSC_0045.jpg

戦争は激しくなり、庭先から見ていた東洋一の軍港・呉は何度もの空襲によって港の軍艦は全滅、市街は二千名の死者を出して壊滅する。姪の晴美の爆死、すずも右手を失う重傷を負う。空襲ですずたちが逃げ惑うシーンの恐怖感は、観客の中には東日本大震災の時の津波の恐ろしさと重なる人もいたという。続いて広島への原爆投下・日本の降伏。戦争はすずが大切にしていたものを奪い、大きな傷を残して終わった。かくて生き残ったすずたちの戦後生活が始まるのである。

すずが空襲から逃げるシーン、爆撃機が空からむちゃくちゃに爆弾を投下するシーン、それも爆撃機から攻撃する呉市を見下ろしているシーン、怖かった!戦争が日常生活を破壊する恐怖が伝わってくる。

原作漫画、こうの史代。(広島出身の漫画家。他に「夕凪の街 桜の国」戦時下の日常をあえて描いたことが評価された)
アニメ監督、片渕須直(60年生、アニメ監督、日芸の映画科でアニメを学び、宮崎駿の教えを受ける。この作品で「キネマ旬報監督賞に輝く)
音楽、コトリンゴ
声優、のん

*クラウドファンディング(クリエイターや映画製作者が製作資金をネットなどで呼び掛けて資金を募る。このアニメでは7000人が出資した。)
 具体例、亡き祖母の呉軍港における戦争体験を伝え残すために出資した。祖母から聞いた戦争体験をまだ幼い我が子に伝えたい。
                


スポンサーサイト
  1. 2017/01/21(土) 17:59:33|
  2. 『2017年映画』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『2017年映画』「沈黙ーサイレンスー」(原作遠藤周作、監督マーティン・スコセッシ)2/2 | ホーム | 『2017年映画』「ヒトラーの忘れもの」(デンマーク・ドイツ共同制作) 1/14>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinema652.blog.fc2.com/tb.php/421-18eccb57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)