私の見た映画・美術・

映画・美術・イタリア旅行の紀行文の紹介です。

『2016年映画』 「ME キャサリン・ヘップバーン自伝」  9/25

「ME キャサリン・ヘップバーン自伝」  9/25    

DSC_9583.jpg
<1940年>

『トランボ――ハリウッドに最も嫌われた男』でハリウッドの「赤狩り」を調べていたら、赤狩りに反発した女優がいた。キャサリン・ヘップバーンとローレン・バッコールが印象に残った。キャサリンの自伝を読む内に、キャサリンの魅力が以前にも増して強く感じた。キャサリンはオスカーノミネート12回、主演女優賞4回に輝く。これは誰にも破られていない。黒のシンプルなパンツ・スタイル、茶目っけのあるユーモアと朗々たるスピーチで拍手喝采を受けた。又、私生活を晒さず謎に包まれていたためか、91年に発表した自伝は全米で数百万部を売り上げる大ベストセラーになった。

自伝

キャサリン・ヘップバーンは1907年に、コネティカット州ハートフォードで生まれた。父は医師、祖父は牧師。母マーサは婦人参政権論者で産児制限運動に携わり、特に女性問題・参政権・売春について真剣に考えていた女性だった。キャサリンはそのような知的かつリベラルな家庭環境で育った。弟に劇作家や医師がいる6人兄妹の長女で、活発聡明な環境で育った。キャサリンは自伝で、育ったコネティカットを次のように回想している。

『野に咲く美しい花々、公園、丘、昔ながらのきれいな家、そこには好ましい生活のペースがあった。ある時はゆっくり、ある時は速く、河があり、貯水池があり、ロングアイランド海峡があった。気候もすばらしく、林があり、庭園があった。雪が舞い、雨が降った。広さも大きすぎず、小さすぎるわけでもない。      
そう、コネティは私の故郷だ。雪に閉じ込められ、ハリケーンで家を失った。私はテニスをし、ゴルフをした。私はこの土地に生きた。そしてこの土地に眠ることになるだろう。』

自伝にあるように、キャサリンは、良き風土の環境・自由な家庭で、のびのびと腕白な少女時代を過ごす。コネティカットの風景や風物の的確な描写はイメージを喚起し、その舞台で彼女が生き生きと飛び回り成長したことを想像させる。だが、キャサリン14歳の時2歳上の兄が突然死んでしまう。最愛の兄の死はショックでそれまで幸福だった一家に暗い影を宿し、キャサリンの人生に多くの影響を与えた。

彼女は幼い頃から映画や演劇に興味を持ち、アマチュア劇団や学生演劇にも熱中する。大学で心理学を学んだが、卒業後ニューヨークに移り、劇団に入り10本以上の舞台を経て、1932年映画デビューした。その間、ダフという女性の先生から「発声」仕方を教わった。横隔膜を使っての「発声」は、その後のキャサリンの映画人生に多いに役立った。3回目の映画(勝利の朝)でオスカー主演女優賞に輝いてしまうのだ!            
                            
自伝の「駆け出し時代」(1930年代)の文章は興味あるものだった。新人としての売り出しは誰にもあるように色々な体験・失敗・苦労があった。しかし、その経験が大女優キャサリンを準備するのである。有力だと思っていたオーデションを何度も落ちたり、契約していた劇団をクビになったり、公演が終わったとたん興行主が有り金を持ってどろんしたり、と彼女は先輩俳優から学んでいる。発声の仕方や歩き方、その俳優の流儀を取り入れて自分の個性をつくりあげた。そういう努力は大きな役者を育てる。

『どんな役でも獲ることが出来た。役を理解出来たからではない。ひらめきがあった。役に対するひらめき、その人物に対するひらめきがあった。生命のひらめき、、、といったものが』

②DSC_9616
その例として、ローレット・テイラー*という女優を挙げていた。

*(テネシー・ウィリアムズの「ガラスの動物園」初演の成功(1940年)を支えた、壊れやすいガラス細工のような姉ローラを演じたローレット・テイラーのこと。)
『舞台の袖に立つと、ローレットは軽くひと呼吸する。準備に苦しんだりはしない。自分の経験を活かしてその役になりきる。ひっかかったり、もたついたりすることはなかった。生まれついての役者だった。人前に身をさらし、語りかけ、その気にさせ、心をとらえ、注目させる。それが彼らの人生だった。』           
  
1933年「勝利の朝」(オスカー主・女)、1940年「フィラデルフィア物語」が大ヒットし、大スターとしての地位を確立した。

主な生涯作品は以下の通り
1907  生誕
32  「愛の嗚咽」(映画デビュー)*この頃の宣伝写真
DSC_9617.jpg

33  「勝利の朝」(オスカー・女優賞・3作目でオスカー受賞)
33  「若草物語」(原作R.オルコット、監ジョ―ジ・キューカー、
               主、キャサリン・ヘップバーン、)
35 「男装」(監G.キューカー主キャサリンとケリー・グラント
38  「赤ちゃん教育」(監ハワード・ホックス、主キャサリンと
K・グラントとの掛け合い。スクリュー
ボール・コメディと言われた。  

40 「フィラデルフィア物語」*(監J・キューカー、主キャサリン、ケリー・グラント、ジェームズ・スチャート
DSC_9580.jpg
 
(*「フィラデルフィア物語」が大ヒットし、キャサリンは大スターとなる。
*30年代のハリウッド映画は全然見ていない。戦後殆ど日本では見られなかった。今では可能らしいが、コメディが多いという。キャサリンの20代から30代にかけての若く美しい時代の結晶が30年代の映画に詰まっている。)

51 「アフリカの女王」(監ジョン・ヒューストン、主ハンフリー・
           ボガート(オスカー男優賞)、キャサリン

DSC_9594.jpg

55 「旅情」(監デヴィッド・リーン、音A・チコニーニ
           主キャサリン、ロッサノ・ブラッツィ
別れDSC_9599
           音楽「サマー・タイム・イン・ベニス」
59 「去年の夏突然に」(監J・マンキーウイッツ、主エリザベス・
       テイラー、キャサリン、モンゴメリー・クリフト
67 「招かれざる客」(監スタンリー・クレイマー、主S・トレイシー、キャサリン女優賞

客DSC_9586

           シドニー・ポアチエ
68「冬のライオン」(監A・ハーヴェィ、キャサリン・女優賞
ピーター・オートゥル、アンソニー・ホプキンス
  英国王ヘンリー2世の後継を巡る3人の王子と妃が絡むドラマ
81「黄昏」(監マーク・ライデル、ヘンリー・フオンダ男優賞
        キャサリン女優賞、ジェーン・フォンダ・ノミネート

DSC_9585.jpg

    人生の黄昏を迎えた老夫婦の愛情と父親と娘(フオンダ 親子の和解を描く)ジェーンが父にオスカーを取らせるためにキャサリンの協力を仰ぐ。

*キャサリン・ヘップバーンというと55年の「旅情」からである。
わかれDSC_9620

30年代の若い時代を知るよしもない戦後派はベニスの旅情を見事に引き出した、キャサリンの情感・ユーモアに感動した。知的・華麗・洗練という言葉が真に当てはまる大女優であることを知るのである。実用性のあるパンツ・スタイルは彼女のトレンドになり、男性に寄りかからない自立した女性のライフ・スタイルのベースに。
    
キャサリンのDSC_9625

*仕事上でパートナー(キャサリンとは9本共演)であった、スペンサー・トレイシー(1900-1967)とは実生活上でもパートナー

2人DSC_9589

であった。妻とは宗教上、かつ重い障害を持った子どもを育てていた為離婚出来なかった。マスコミは知っていたけれど、2人の名優に敬意を表して報道しなかった。それまで乱暴でアル中のスペンサーが、重厚で人望の厚い性格俳優に変わってゆく。傲慢で気が強く自我の塊のような女であったキャサリンが「彼に出会って、初めて自分以外の人を愛した。人生が変わった。」と自伝で言っている。2人の愛はかくのごときであった。20年に及ぶ愛を支え合ったがスペンサーの死を看取ったのはキャサリンであった。彼に永遠の別れを告げて、連絡を入れてキャサリンは家を出る。米国中が敬意を払った葬儀の列をキャサリンは遠くから見送った。棺に寄りそったのは妻であった。

*81年の「黄昏」はヘンリーとジェーンのフォンダ父娘の確執と和解の映画である。
.フォンダDSC_9629

ジェーンの母フランセスは夫ヘンリーの浮気を苦に自殺した。しかも死後わずかで新妻を迎えた父ヘンリーへの反感から、屈折した青春を過ごしたジェーン・フォンダ。父ヘンリーとは長年確執のまま。女優として「ジュリア」「コールガール」(女優賞)「帰郷」(女優賞)などの活躍。反戦活動は有名。
.フォンダDSC_9628

 81年の「黄昏」、ジェーン・フォンダは父ヘンリーが病気で先がない事、ヘンリーが本心はオスカーを欲しがっていたのを知った
彼女は、キャサリンに相談。「黄昏」の妻役を引き受けて貰い、自分は娘役、テーマは「父と娘の確執と和解、老夫婦の愛」ジェー
ンは実生活では絶対に言えない、父に「友達になって下さい」という台詞を、キャサリンの影の助けを借りてやっと映画の中で言
えた。「黄昏」はヘンリー・フォンダとキャサリンの2人にオスカー男優主演賞、女優主演賞を与えた。へンリー・フォンダは半年後に
亡くなった。
DSC_9621.jpg

後日、キャサリンの4度目の「女優主演賞」お祝いの電話をしたら、彼女から開口一番にかえってきたのが≪これで追いつけないわよ≫ ジェーンもノミネートされていたのだ。


スポンサーサイト
  1. 2016/09/25(日) 18:02:05|
  2. 『2016年映画』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『2016年映画』「ホロコーストの”リハーサル”」障害者虐殺70年目の真実         10/06 | ホーム | 『2016年映画』「トランボ―<ローマの休日>の脚本家・ハリウッドに最も嫌われた男」9/15>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinema652.blog.fc2.com/tb.php/404-061fabd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)