私の見た映画・美術・

映画・美術・イタリア旅行の紀行文の紹介です。

『日記』 「人間の尊厳ー人は何によって生存を与えられたか」 7/29

『日記』「人間の尊厳―人は何によって生存を与えられたか」7/29


DSC_9186.jpg

* 7/26(火)未明、相模原の障害者施設に刃物を持った男が襲撃し、男女19人を殺害、23人が重傷を負った。犯人は元職員で「障害者はいなくなればいい」と思ってやったと供述している。ナチスの「優生政策、」=ユダヤ人虐殺・障害者虐殺を想起して身震いする!
戦後、「障害者抹殺」を叫んで施設を襲い、19名の殺人・23名の重傷を負わせた事件は類例がない。平和憲法・民主国家のタブーを破ったものだ。

「人間は平等であり、人の命は尊く重い。互いの人格と個性を尊重しながら、共生する社会を作っている」

憲法の<理念>である。私共が学んできた近代科学文明の学問・芸術の根底にある<理念>である。それが揺らいでいるのか?そこを問われている感じがする。

障害者の方、家族の方、今、どのような気持ちでいるかと思うと胸が詰まってくる。

* <18歳選挙権にからんでニュース>
自民党文部科学部会のホームページで「(学校で)政治的中立に違反するような先生がいたら、<いつ、どこで、だれが、何を、どのように>逸脱したかを情報提供してくれ、というものが載っていた。
ビックリ!仰天!いつ、わが国は生徒が特高(戦前の公安警察)の手先になる時代になったか!「密告奨励」が堂々まかり通ってしまう時代になったのか?憲法改悪が目の前に迫っている状況は戦前の足音が聞こえてきたのか!

* <都知事選>、いよいよ迫る。舛添の金まみれの批判から始まった選挙。保守分裂と野党統一の候補の3すくみの選挙。私は「鳥越俊太郎」支持。参院選開票の結果・改憲派の勝利を見ての決断。私は「死ぬ気だな」と思った。それほど、改憲3分の2の勝利は大きいのだ。平和憲法にかけるものが強いのです。しかし、「鳥越氏の心情」はよく理解されないだろうと思った。戦後70年、戦争が無かったことの有難味は今の若い人には解らないものなのですね。しかも後半、選挙妨害ともいえる「女子大生淫行疑惑」の週刊誌の記事。敵は見出しだけが欲しかった。事実は問題ではないのです。選挙1週間前に狙った。

鳥越氏の
「戦争をやらず、国民の人権を尊重することだ。自由にものを言える世界、それを保障する憲法を大事にしょう。」

私は断固支持する。



スポンサーサイト
  1. 2016/07/29(金) 14:07:27|
  2. 『日記』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『日記』 「都知事選を終えて」 8/2 | ホーム | 『2016年映画』「シアター・プノンペン」(カンボジア映画。ソト・クォーリーカー監督)7/25>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinema652.blog.fc2.com/tb.php/398-65974713
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)