FC2ブログ

私の見た映画・美術・

映画・美術・イタリア旅行の紀行文の紹介です。

『2015年映画』「この国の空」(監・脚、荒井晴彦、主、二階堂ふみ、長谷川博己,工藤夕貴)8/15

『2015年映画』「この国の空」 (監・脚=荒井晴彦、原作=高井有一
                  出・二階堂ふみ、長谷川博己、富田靖子、工藤夕貴 8/15

DSC_6346.jpg

1945年、終戦間近の東京。19歳の里子(二階堂ふみ)は父親を結核で亡くし、母親(工藤夕貴)と2人で杉並の住宅地で暮らしている。繰り返される空襲に怯え、途切れがちの粗末な配給に耐えて、そんな中でも里子は健気に生きようという少女だった。若い男性は兵隊にとられ、子供たちは疎開に行き、都会に残ったのは老人と女達だけであった。

DSC_6329.jpg

3月10日の東京大空襲で家と家族を失った母親の姉(富田靖子)が着の身着のままで身を寄せてきた。余りの突然の惨事で気が触れた母親の姉妹は、普段では考えられないほど言い争う。<さびしんぼう>の富田靖子が好演。姉妹の言い争いに戦争の切迫感を表している。

DSC_6359.jpg

垣根を隔てた隣家では、妻子を疎開させ、兵隊検査で丙種合格の徴兵逃れの銀行員の市毛(長谷川博己)が1人で住んでいる。里子の周りにいる若い男性は38歳の市毛のみであった。宿直が増えて家に帰らない日が多くなった市毛から、家の鍵を預けられて「暇な時戸を開けて風を通してくれませんか」と里子は頼まれる。里子は時々市毛の家の掃除などをするようになる。独り身の市毛の世話を焼く内に彼を次第に慕うようになった。19歳の少女の心の内に「このまま、死んでしまうのか」という焦りと女の本性が疼いていたともいえる。

DSC_6342.jpg

母親は「市毛さんに気を許しては駄目、女は溺れやすいの」里子「母さんは溺れたことがあるの?」母親(工藤夕貴)は若い男不在のまま虚しい青春を過ごしている娘里子を思いやっていたかも知れない。川で上半身裸の後ろ姿を見せるシーンから、かつて男に溺れた気配を感じさせ、市毛への交友を里子の自由にさせていたのか?
DSC_6351.jpg

掃除のために市毛の寝床の部屋に入った里子は髪で汚れた枕カバーに異様な関心を寄せ、廊下の板の間に肢体を反転させ身悶える姿はこの機の少女の危うい官能性を漂わせる。

DSC_6340.jpg

1945年も深まって戦局ますます厳しくなると、市毛「よかったら今夜来て下さいませんか」と里子を誘う。里子は家庭菜園の大ぶりなトマトを幾つかもぎ取って市毛に差し出す。赤く爛熟したトマト(里子の処女の象徴)を市毛はがぶりと頬張る、、、
DSC_6352.jpg


体を拭いている後ろ姿の裸身の里子。成熟した官能的な姿態は茨木のり子の詩にあるように「わたしが一番きれいだったとき」かも知れない。

沖縄玉砕、戦局ますます激しく、空襲の毎日。市毛は自分に赤紙が何時来るか、又、九十九里浜から米軍が上陸して男は皆殺しに会うと怯えて「病気で死ぬのと戦争で死ぬのと、どっちが嫌だろう?」と里子に言って、「どちらも嫌ですわ」と突き返されてしまう。

8月15日。戦争が終わった。

市毛は生き延びたことが何より嬉しい。戦争が終わったことを何より喜んでいる。そして妻子が帰ってくるだろう。
里子はこの愛がどうなるか不安だった。戦争が終わらなければよかったと思った。そうすれば私たちの愛が続く、、、戦争が終わることを告げに来た市毛のゲートルを丁寧に畳む里子(里子の心は自然に市毛に向かっている) 
「私の戦争はこれから始まる」と心の中で誓う。里子の振り向いた横顔の、黒い大きな眼がこちらを見ているラストカット。そのスットプモーションのクローズアップ。

DSC_6344_2015081511425882b.jpg
里子(二階堂ふみ)が茨木のり子の詩を朗読する。

茨木のり子 『わたしが一番きれいだったとき』 (一部)

わたしが一番きれいだったとき/街々はがらがら崩れていって
とんでもないところから/青空なんか見えたりした

わたしが一番きれいだったとき/まわりの人達が沢山死んだ
工場で 海で 名もない島で/わたしはおしゃれのきっかけを落としてしまった

わたしが一番きれいだったとき/だれもやさしい贈物を捧げてはくれなかった
男たちは挙手の礼しか知らなくて/きれいな眼差しだけを残し皆発っていった

わたしが一番きれいだったとき/わたしの頭はからっぽで
わたしの心はかたくなで/手足ばかりが栗色に光った

わたしが一番きれいだったとき/私の國は戦争で負けた
そんな馬鹿なことってあるものか/ブラウスの腕をまくり卑屈な町をのし歩いた

DSC_6365.jpg

*茨木のり子の「わたしが一番きれいだったとき」はまさしく映画の主人公里子を歌いあげたと錯覚してしまう。詩人茨木のり子さんも当時20歳。現代語の平明な表現で若き女性の鋭い感受性が世界に向かって開かれていく世界を歌った。教科書にも載っている有名な詩が、映画の主人公を通して初めて現実化され、カラーで色付けされた。
茨木のり子の詩は人が生きていく精神の断面や感情を平明な言葉でうたって人々に愛された。「ぱさぱさに乾いてゆく心を/ひとのせいにはするな」とか「自分の感受性くらい/自分で守れ」など、心に響いてくる詩である。

*毎年8月15日がやってくると、戦争・敗戦にちなんだ映画がつくられる。今年もこの映画と「日本のいちばん長い日」である。僕には「終戦責任」の問題意識がある。45年になっても、3/10の東京大空襲以下全国の都市空襲、4/1からの沖縄全滅戦、7/26ポッダム宣言、8/6.9二つの原爆、8/8ソ連参戦によるシベリア抑留、8/14ポッダム宣言受諾の戦争終結。国体(天皇制護持)を優先したために、先延ばしになった終戦。1年でも1ゕ月でも早く戦争が終わっていたら何十万人の・何百万人の命が救われていたのだ!日本中枢部の終戦責任は重い。故に「日本の一番長い日」は見て論じる気になれない。

*二階堂ふみの独特な東京語は、ある解説によれば「浮雲」の高峰秀子だという。戦時下仏印で燃え上がった男女が戦後出口のない腐れ縁と終焉を描いた成瀬己喜男の名作。監督荒井晴彦の演出だという。「この国の空」も戦中・空洞のような東京で燃え上がった男女の物語だ。それからの里子はどうなるのか?




スポンサーサイト



  1. 2015/08/15(土) 15:33:13|
  2. 2015年『映画』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『2015年映画』「あの日のように抱きしめて」(「東ベルリンから来た女」の監督・主演コンビ8/26 | ホーム | 『日記』 「安倍首相 70年談話について 」 8/15>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinema652.blog.fc2.com/tb.php/320-817e7878
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)