FC2ブログ

私の見た映画・美術・

映画・美術・イタリア旅行の紀行文の紹介です。

『2015年映画』 「アリスのままで」(ジュリアン・ムーア主演。リチャード・グラッツァー監督)8/3

『2015年映画』「アリスのままで」 (ジュリアン・ムーア主演..アカデミー・主演女優賞に輝く) 8/3
                 リチャード・グラッツァー監督 .出演K・スチュワート。A・ボールドウィン


DSC_6289.jpg

数々の主演女優賞に輝く、米国女優ジュリアン・ムーアが「若年性アルツハイマー病」を演じた、映画「アリスのままで」。アルツハイマーは今や米国でも日本でも深刻な国民病で、身近な身内・友人・親せきに発症した経験を持った方が多い。

コロンビア大学教授のアリスは50歳の誕生日を迎えていた。結婚して子どもを生み育てながら、名門大学の言語学の名教授として地位を築きあげた。人一倍の記憶力と理解力に優れ、又、彼女自身専門の言語学の研究に努力した。
理解のある医者の夫(A・ボールドイン)と不妊治療で双子を生むことになる長女(K・ボスワ―ス)、医学性の長男、演劇をやっている次女(K・スチャワート)と良き家族に恵まれ、人生最良の日になるかと思われた。

皆が集まった50歳のバースデイで歯車が狂い出す。長男のガールフレンドの名前を何度も聞き一瞬周囲に戸惑いが広がる。招かれた名門大学の講演中、言葉が出なくなり困惑する。ジョギング中に走り慣れた大学のキャンパスで迷って方向が分からなくなる。

DSC_6326.jpg

アリスの困惑、そして恐怖に歪む表情。単なる物忘れではないのか?アリスに何が起っているのか?

アリスは神経科を訪ね脳の検査を受ける。症状にアルツハイマー病に合致する疑いが出て、再検査になる。不安に駆られて夜も眠れないアリスは、夫を起し「今まで築きあげて来たものが、何もかも消えてしまう」と泣きながら訴えた。夫は「何があっても、僕がついている」とアリスを励ます。

夫と病院を訪れたアリスは「若年性アルツハイマー病」で子どもたちにも遺伝すると告げられ愕然とする。翌日、家族を全員集めてアリスは告白する。子どもたちの愕然とした様子。

専門医の見解
「現代の医学では治すことはおろか、進行も防げない。アリスの場合、若年性アルツハイマー病であり、認知機能の低下・人格崩壊が進む。意識世界が崩れていく」
その後、それ程進行してない段階で、「認知症介護会議」に出て、<体験談と希望>をスピーチした。

DSC_6310_20150802211423547.jpg

アリスのスピーチ、
「苦しんではいません。闘っているのです。」
「かけがえのない瞬間を、私は生きています。」
このスピーチのシーンは映画で彼女が最も輝いていた頂点だ。
DSC_6320.jpg

もうひとつ、次女リディア(クリステン・スチャワート)は演劇をやりたいと優秀な家庭のなかで唯一大学へ行かず、自己の人生に拘った生き方をして母親のアリスと衝突していた。病気の発症後、親身にアリスのことを心配した。

DSC_6309.jpg

海辺でのリディアとのシーン。リディアが話したあるエピソードのテーマを、アリスは「愛についてだ」と答えて、二人が抱き合う感動的なシーン。

好きな食べ物なんかも忘れて、自分が何をしたかも忘れて、おしっこなんかも漏らしてしまう、人間としての尊厳も傷つけられていく。そんな状態になっても生きてゆかなければいけないのか?、、、

彼女は未来の自分に、ビデオで手紙を書く。その時プログラムは「その引き出しのビンの中の薬を全部飲んでベツトに横たわりなさい。そしてそのことを誰にも言ってはいけない」
ビデオレータ、どういうものか想像がつくと思うが、、、(実際には家政婦が帰ってきて失敗する)

映画では、カメラがアリスのアップを長回しで撮っている。医師との面談を貫く緊張感。矢継ぎ早の質問に困惑・不安・恐怖のアリスの表情。見慣れたはずの大学構内で迷った時のアリスの動揺と不安の表情。
又、何と言うのか?家族のアルバム写真で、幼い子どもたちと戯れるショットの果てに、アリス自身の少女期の戯れるシーンを滑り込ませた? 、、、時間は空に展開し、アリス自身の原形=原風景は何処にあるか?、、、

大学教授としてのアリスが本当のアリス? 
アルツハイマ‐で意識世界が崩壊したアリスが本当の、、、?
少女期の聡明な彼女が本当の、、、?
アリスのアイデンティティーを根源から問う。又、それは人間の存在自体を問うことでもある。
上記の問いは全部「Yes」なのだ。全部アリスなのだ。輝ける大学教授としてのアリスも、意識世界が崩壊したアリスも、みんなアリスなのだ。人間の存在をそのように捉えかえした優れた視点がある。

DSC_6317_20150802211424dee.jpg





* 監督のリチャード・グラッツアーはALS(筋委縮性側索硬化症)で闘病中にこの映画を撮り、完成後亡くなった。映画の主人公が不意に訪れた難病に苦しみ、生きている日々に喜びを見出そうという姿が切実に描かれているのは、監督の思いが込められているからだ、という。
(監督のリチャード・グラッツァー)
DSC_6324_20150802212854a07.jpg





   

スポンサーサイト



  1. 2015/08/03(月) 10:41:04|
  2. 2015年『映画』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『日記』 「軍事クーデターか? と一瞬思った!」 8/13 | ホーム | 暑中お見舞い申し上げます      2015年8月1日  ジュリアンの夢>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sinema652.blog.fc2.com/tb.php/318-d84299f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)