FC2ブログ

私の見た映画・美術・

映画・美術・イタリア旅行の紀行文の紹介です。

『2019年映画』「COLD WAR あの歌、2つの心」ポーランド映画 監督パヴリコフスキ 7/8

『COLD WAR (冷戦)』-あの歌、2つの心― (ポーランド映画)
                   
 監督:パヴェウ・パヴリコフスキ、
 撮影:ウカシュ・ジャル
 出演:(ズーラ)ヨアンナ・クーリク、(ヴィクトル)トマシュ・コット、
     (カチマレク)ボリス・シィツ、(イレーナ)アガタ・クレシャ、
      (ジュリエット)ジャンヌ・バリバール、                  
 音楽:ジャズ・クインテット(ピアノ=マルチン・マセツキ。
     サクソフォンやベースやトランペットやドラム奏者)
     バッハ作曲ゴールドベルク変奏曲の「アリア」


DSC_2973.jpg

映画は、主人公の15年に亘る宿命的なラブストーリーと、ポーランド民俗音楽及びジャズ&クラシックの音楽総体、特に民俗音楽が素晴らしい。俗悪な社会主義リアリズムに対してポーランドの民俗音楽の素晴らしさ。COLD WAR(冷戦)、15年に亘る歴史状況のなかで繰り広げられるドラマ。主人公たちの人生、ポーランド音楽、冷戦情況に覆われる東欧社会。白黒の映像が不思議な効果をあげた、オペラ的要素たっぷりの作品である。映画はシンプルなモノクロームの映像の中での、夜のパリの佇まいの、何という美しさ!

1949年、ポーランド。民族の音楽を収集するため村から村へと訪ね歩いていた男女がいた。
彼らの使命は、民族音楽を集め、歌とダンスの才能に恵まれた少年少女を探し、マズレク舞踊団を立ち上げることだった。管理部長のカチマレク、ピアニストのヴィクトル、ダンスのイレーナが中心となって団員を選抜して舞踊団を作りあげていった。

ピアニストのヴィクトルの心を奪ったズーラという少女がいた。ダンスのイレーナが「問題児なのよね」と指摘する。「父殺しで執行猶予中」と聞いて驚いたヴィクトルは、「お父さんと何か?」と尋ねるが、ズーラは平然と「母の代わりをしょうとしたから、だけど死んでない」「私に興味?それとも私の才能に?」直情的なズーラと内省的なヴィクトルとの宿命的な出会いであり、冷戦という過酷な状況に翻弄され、別離と再会の15年のラブストーリーを生きるのである。

DSC_2975.jpg

1951年、ワルシャワで初舞台の幕が開く。ひときわ輝く光を放つズーラ!公演は大成功!ヴィクトルたちは大臣に呼び出され、最高指導者の賛歌を歌えば支援は惜しまないと、もちかけられが、「私たちは純粋な民俗芸能に拘っている」とイレーナは断るが、カチマレクは引き受ける。

DSC_2977.jpg

(40年代末から冷戦に入って行き、ソ連を中心とするスタリーン主義が東欧諸国を襲った。文化・芸術において<社会主義リアリズム>の支配である。演目の中に露骨に個人崇拝・スタリーン賛美が入ってくる。西欧音楽を捨て切れないヴィクトルはパリへ亡命する。その時、ズーラを誘うが、彼女は来なかった。)

1954年、パリでヴィクトルは編曲や作曲しながら、ジャズバンドのピアニストとして活躍していた。舞踊団のツアーがやってきてズーラと再会する。「未熟だから未来が不安だったというズーラ。二人は強く抱き合った。ヴィクトルは一緒に暮らしていた恋人ジャンヌに「大切な女に会った」とうちわける。

1955年、ヴィクトルは舞踊団の公演を見るためにユーゴスラヴィアを訪れるが、保安局の男たちに連行され、パリへ送り返されてしまう。ズーラは空席に向かって悲しく歌うのであった。

1957年、シチリア人と結婚して合法的にポーランドを出たズーラは、夫と別れてヴィクトルと暮らし始める。ヴィクトルのプロデュースでレコードデビューを果たしたズーラだが、パリの華やかな浮ついた日々が馴染めず、次第に心を閉ざしてゆく。
 
そんな中、何も言わずにズーラはポーランドに帰ってしまう。ヴィクトルが舞踊団に電話をかけても、「行方不明」だと言われてしまう。ヴィクトルはズーラを追ってポーランドに戻り、懲役15年の刑を受け刑務所に入れられた。やがて、ズーラがやってきてヴィクトルを出す為に政府高官と結婚し男の子の母親になっていた。

愛の民謡「2つの心」、「オョョ―ィ」は舞踊団の中心的な歌で心に迫る切ない歌だ。ズーラに何度か異なった歌い方をさせている。素朴な農民の歌のような、、、哀愁を帯びた切ない歌であるかのように、、、亡命先のパリでのやるせなさが忍び寄るようなアンニューな「オョョーィ」。

ラスト・クレジットに流れるグレン・グールドの弾く「ゴールドベルク変奏曲」の「アリア」が人々の心を癒し続けるのである。


DSC_2979.jpg
スポンサーサイト



  1. 2019/07/06(土) 16:00:08|
  2. 『2019年映画』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0