FC2ブログ

私の見た映画・美術・

映画・美術・イタリア旅行の紀行文の紹介です。

『2017年映画』「ヒトラーへの285枚の葉書」(監バンサン・ペレ―ズ、出エマ・トンプソン)7/26

『2017年映画』「ヒトラーへの285枚の葉書」(監督バンサン・ペレ―ズ。 7/26
原作「ベルリンに1人で死す」(ハンス・ファラダ)、ゲシュタポの文書記録から終戦直後にハンス・ファラダが書き上げた遺作。
                 主演エマ・トンプソン。ブレンダン・グリーソン。ダニエル・ブリュール。)

DSC_0611.jpg


2016年制作の独・仏・英の映画作品。独の作家ハンス・ファラダ(1893-1947)が終戦の翌46年に書き上げた「ベルリンに一人で死す」の映画化。ゲシュタポの文書記録から一人のドイツ市民のナチスへの抵抗を書いた。原作者は47年に死去、70年前の作品を映画化したバンサン・ペレ―ズは、父スペイン人・母ドイツ人のフランスで活躍する俳優。自分の家族史にナチスは一人もいなく、大叔父がガス室で殺されいわばレジスタンスの立場に立つ家系に自信を持って取り組んだ。


森の中を一人の兵が逃げてきて撃たれて倒れる。目を開けて樹の茂みの間の大空を見つめているかのように死んでいる若きドイツ兵。
1940年6月、フランスに勝利し戦勝ムードに沸くベルリンの街。木材加工工場の職工長の夫婦オットーとアンナの元に一通の封書が届く。それは最愛のひとり息子ハンスの戦死という残酷な知らせだった。

DSC_0604.jpg

アンナは郵便を引きちぎって「こんなの!嘘よ!」と喚き、夫のオットーに向かって
「あなたと、戦争と、総統のせいよ!」罵る。オットーは静かに悲しみにくれる。
オットーの工場ではドイツのさらなる快進撃のために、生産性を挙げよと上司が叫んでいる。オットーは「自分は息子を国に差し出して死んだ。これ以上、何を差し出せばいいんだ!」という。
悲しみのどん底にくれる二人。


或る日工場から帰ったオットーは、「総統は私の息子を殺した。あなたの息子も殺されるだろう」という文章をはがきに書いた。しかも筆跡がバレないように何時間もかけて書いて、それを公共の施設のドアーに置いた。文面はヒットラーへの不満の文章になってゆく。
始めは黙って見ていた妻アンナも協力するようになった。
DSC_0609.jpg

オットーが書いた文面。

「自分を信じろ。ヒトラーを信じるな!」「戦争で労働者は死ぬ」「ドイツ国民よ、目覚めよ」
「この自由な報道を広めよう」「総統は私の息子を殺した。あなたの息子も殺される」
「人殺しヒトラーを止めろ!」「自由な報道!敵はヒトラーだ」「今の体制を倒そう!」
見つかったら死刑確実なヒトラー批判を二人はやってゆく。その数285枚、
一方、回収した葉書を手掛かりに犯人を追い詰めてゆくゲシュタポのエッシャリッヒ警部は犯人像を絞り込んでゆくが、ナチスの高官の屈辱的な仕打ちと高圧的な命令に彼の心に体制への疑念が生じてゆく。映画の進行ともに警部の心に突き刺さってゆく様子も描かれてゆく。警部と親衛隊の高官とのやりとりが、ベルリンの街が恐怖政治に染まってゆく象徴にもなっている。


オットーとアンナ夫婦のアパートには、郵便配達婦の女性が上階のユダヤ人老婦人に親切に食料などを届けたりしている。が、その夫はギャンブル三昧のワルで住人たちを見張っていて密告するような男だ。ユダヤ老婦人が留守の時、ワルは盗みに入るが、下の階の親子がやってきて金目の物を取り上げてしまう。親子はナチ党員だった。戻ってきたユダヤの老婦人はアンナに一時匿われる。ユダヤ人への差別が激しくなったので、下の階の判事が老婦人を匿ったりする。
獲物をナチ党員の親子に奪われたギャンブル三昧のワルは、腹いせにゲシュタポに密告する。ゲシュタポの捜索が始まる。アパート全体に異様な緊張感が走る。ゲシュタポは判事の部屋に来るが、判事の抗議を無視して室内を捜索する。階級的には判事の方が上なのに耳を貸さない。ナチスに関係するかどうかで上下関係が決まることを表している。又、ゲシュタポの一人は子供の頃、老婦人に可愛がられた青年だったが、今では無視され追いつめられたユダヤの老婦人は窓から飛び込んで死んでしまう。
主人公の住むアパートの住人たちに押し寄せるファシズムと暴力政治の様子がよく描かれている。オットーはひたすら抗議のメッセージを書いて施設のドアーに置いていた。


オットーとアンナ夫婦は捕まり、覚悟の二人は自供する。ギロチンに掛けられる。
ブレンダン・グリーソンとエマ・トンプソンの夫婦の表情とか何気ない会話が良かったが、それに向かいあうダニエル・ブリュールの
DSC_0605.jpg

警部が良かった。捜査の過程で本人の覚悟を知り、カードに込められたメッセージを読む。ラストシーンで、彼らのメッセージを全部読んだ警部は、窓からカードをベルリンの街に投げ捨てて自殺する、ところで映画は終わる。


ヒトラーの映画だとユダヤ人虐殺が主なテーマであるけれど、これはドイツの労働者の抵抗を描いた映画だ。レアリズ映画だけど、主役のエマ・トンプソンとブレンダン・グリーンの切羽詰まった演技が素晴らしい。警部役のダニエル・ブリュールの高官からの屈辱的な仕打ちと主人公たちの行為に心が動かされてゆく様子がいい。無駄のない緊迫した映画だ。戦争期のベルリンの街とドイツの庶民の様子がよく描かれている。
監督 バンサン・ペレ―ズ。
原作 ハンス・ファラダ(ベルリンに一人死す)
出演 アンナ(エマ・トンプソン)、オットー(ブレンダン・グリーソン)
警部(ダニエル・プリュール)




スポンサーサイト
  1. 2017/07/26(水) 20:44:18|
  2. 『2017年映画』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『日記』 「内閣支持率・急落35.8%!」 7/22

『日記』「内閣支持率・急落35.8%!」7月22日

DSC_0581.jpg

1
ご存知のように、共同通信社の7月15・16両日の世論調査では、内閣支持率は35.8%と第2次政権発足後で最低となった一方、不支持率は最高の53.1%となった。現政権で過去に最も支持率が低かったのは、15年7月の安保法制の強行採決直後の支持率、今回の不支持率と数字は同じだが、不支持の内容が大きく異なるという。不支持の理由を政策ではなくて「首相が信頼できない」が今回51.6%と跳ね上がったと、多くの政治評論家が言う。

支持率急落の原因は都議選における自民の惨敗であり、小池カラーの圧勝であった。自民惨敗の主な要因は「THIS IS 敗因」というフレーズが言われているという。
「T」 は豊田真由子議員の「このハゲー!暴」暴言
「H」 萩生田官房副長官、加計学園の暴露文書で「官邸の最高レベル」の当人とされた。
「I」 稲田防衛相、都議選の応援演説で「防衛省、自衛隊も応援する」と言った。憲法その他の法律に違反する。
「S」下村博文都連会長、選挙終盤「加計学園」からの闇献金疑惑で敗戦選挙の仕上げを
した格好になった。
政権末期の断末魔は、積り積もった膿が後から後から出て来るという様相!それがまだ進行中である。「一強政権の驕り」の結果だと言われた。呆れる思いで見ていたが、「奢れる一強政権」の凄まじい崩壊現象に、「奢れる者は久しからず」という古人の知恵を思った。

2
しかし、前に触れたように、都議選は自民も敗北だが民進も同じだ。敗北した自民の「受け皿」になりえない。しかも、民進は敗北の総括はどうなったのか?秘密会での話は蓮舫委員長が「二重国籍問題」で右派から批判にさらされ、戸籍の開示というバカげた会見をする始末。7/21のニュースでは25日までに総括をまとめる予定だという。会議では「民主党政権時代の失望の払拭」を求める声が上がり、野田氏に対して「消費増税」主導で「政権転落のA級戦犯」のイメージが強いとし、幹事長から退くらしいが本当か?

都民ファーストファーストDSC_0585

小池「国民ファースト」が国政に撃って出てくるのは必定と見る。その時、自民・維新・民進から寄ってゆく者がどの位出てくるか?その時の危機にどう対処するのか?民進党の内部から危機感が伝わって来ないのだ。その時リベラル左派の拠点が築けるかどうか?
<極右と化した自民>と<国民ファースト」に対抗できる<X>が求められることは必定だ。

理想とする「リベラル左派」の統一戦線に向けて考える時の問題点が多くあるが、参考になる材料を少しずつあげてゆく。
*7/19「私の残業、勝手に売るな!」ネットで呼びかけあって連合会館前でのデモ。今検討されている「残業0法案」に反対する労働者たちの<叫び声>!
   「野党統一戦線」の場合でも、「反原発」の場合でも反対の障害になる、労働組合の巨大な連合体の「連合」。働く者の味方になっているだろうか?という問題提起のひとつです。

3 24日・25日に首相出席の、予算員会での閉会中審査である。先週「審査」を決めて
から、Ⓐ山本担当大臣と獣医師会側との意見の衝突。Ⓑ南スーダンのPKOの日報問題で稲田防衛相と陸自との矛盾が噴き出した。疑惑は簡単には終わりそうにない。稲田大臣―クビが飛ぶような発言・失言を何回もだし、防衛省内からも完全に浮き上がった存在なのは明白だが、何故辞めないのか?支えているのはやはり安倍総理!
 しかし、前川ー文科省の乱から始まって、とうとう防衛省の乱、不正に対する反乱は今まで抑えられてきたので噴き出した。不正は正さねばならぬ。

次はどこか?

 




  1. 2017/07/22(土) 21:13:49|
  2. 『日記』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『2017年映画』「ありがとう、トニ・エルドマン」(独映画、監マーレン・アレ) 7/10

『2017年映画』「ありがとう、トニ・エルドマン」(独映画、監・脚マーレン・アデ、 7/10

                           父ペーター・ジモニシェック、娘ザンドラ・ヒュラー

DSC_0593_20170710214443811.jpg

2016年のカンヌを始めとしたヨーロッパ映画祭の話題となったドイツ映画。「父と娘」の交流・反発・愛情を描いた、ちょっと変てこな?奇想天外な映画が「ありがとう、トニ・エルドマン」だ。「父と娘」の物語を描きながら、人間にとって「真の幸福」とは何かを問い、ヨーロッパのみならず、世界が直面している――孤独、世代間の価値観のギャップ、搾取や社会格差――などをさらりと反映させた傑作だ!
アメリカ公開の際に、引退表明していたジャック・ニコルソンが本作に惚れ込んで、撤回してハリウッド・リメイク版で父親役のエルドマンを演じるという。

DSC_0587_201707102144452e5.jpg

*―物語―
<その一>
悪ふざけが大好きなヴィンフリートは、存在しない架空の弟“トニ”になりきって変装し、荷物を届けた配達員を驚かして喜んでいる。彼は半ば引退した60代の元音楽教師、妻とは離婚し、年老いた母が近くに住んでいる。(年老いた母と同居しないところが個人主義の確立か?)

しかし、最近浮かないことが多い。ピアノ教室の生徒からは辞めたいと告げられ、年老いた母も、いつも一緒にいる老犬ヴィリーも何故か元気がない。コンサルタント会社で海外を飛び回る*「バリキャリ」の娘イネスは、勤務地のブカレストから久しぶりに帰って来たが、仕事に追われて携帯で電話ばかりしている。
*「バリキャリ」=バリバリのキャリアウーマンのこと。

DSC_0591_20170710214442e7c.jpg

心の支えだった愛犬の死を契機に、突然ヴィンフリートはイネスが働くブカレストの会社を訪れた。しかし、大手石油企業の契約延長がかかった重要なプロジェクトに関わっているイネスは、上海支社への転勤という夢を叶えるためにも忙しく、父に構わっている暇はない。
が、アメリカ大使館のレセプションに招待してしまう。
財界人たちセレブが集うレセプション。スーツ姿のイネスが取引先の役員に働きかけている。しかし、同席していた役員の妻の相手を任され、なかなか仕事の話に行かない。あせるイネスは役員の機嫌を損ねてしまう。
ラフな普段着の父は、レセプションから浮き上がって居心地が悪そうだ。娘の様子を心配そうに見ていた。

イネスのマンションで、父は「ここにいて幸せか?」と聞く。そんな問いに答える間もなくイネスは取引先の妻の接待に出かけてゆく。帰宅してもすぐパソコンに向かうイネス。「夜も夫妻を接待するから、その前に、ひと眠りするわ」と寝てしまう。
朝。ヴィンフリートは、ドイツに帰る前に起こしに行く。「今何時!?最悪!4回も着信が!
プレゼンは月曜日よ。顧客との約束をすっぽかしちゃったわ!なぜ起こしてくれないの?」泣きながら暴れるイネス。

「ほっとけないよ」「、、、心配しないで」ドイツに帰っていく父。イネスは、何故か涙が溢れながら見送った。

<その二>
レストランでイネスは友人たちと女子会。皆、日頃の愚痴をこぼしている。それぞれの週末の悲惨な話が飛び出すと、イネスは堰(せき)を切ったように「私も人生で最悪な週末だった。父が何の連絡もなく突然現れたのよ」と一気に話す。すると、突然背後から「ご婦人たち、シャンパンはいかが?」ダサいスーツに、長髪のカツラ、出っ歯の入れ歯をした父・ヴィンフリートが現れる。動揺するイネスに向かい「私はトニ・エルドマンです。はじめまして」と挨拶、人生についてのコーチチングをしているビジネスマンだという彼は、一通りの会話を楽しむとリムジンに乗って夜の街に去って行った。

それから、前触れもなくイネスの前に“トニ・エルドマン”は度々現れた。
上司と意見が食い違い、会社の屋上で言い争いをしている時に、車のサイレンを強烈に鳴らして現れた!又、職場の彼氏も同席しているパーティーに現れ、彼氏の家庭環境を探り、冗談を言った。「私はドイツ大使です」と言い、イネスを秘書だと紹介する。挙句に危ないカーパーティやクラブまでついてゆき、イネスを守ろうとする。

「娘にとって父とは?」少女期の“親密から反発“と様々のヴァリエイションがある。ぼさぼさな白髪頭に突き出た腹。カツラや付け歯をして、しばしば変装をする。そんな父親に反撥して、30代後半の彼女はキャリア志向の人生を送っている。とにかくイネスは忙しい。突然の父親の訪問は煩わしい。が、風采の上がらぬ父親を嫌っているかというとそうでもなく、アメリカ大使館のレセプションに誘うのだ。彼女は人間的に父親を否定しているのではない。父親の方では忙しいキャリア志向の娘の人生が心配でしょうがない。イネスが人間的におかしいと映像的に見せる場面は、同僚の男とのセックス・シーンだ。ビジネスに差し支えるからと、男にマスタベーションをさせる。ひどく病んでいる。性愛も仕事の効率化のために管理するのか。父親は娘の人生に押しかけてゆく。それが一段と激しくなるのが、トニ・エルドマンと名乗って怪人的ストーカーを繰り返すところからだ。物語は忙しいイネスに悪ふざけを繰り返すエルドマンの愛情は、イネスの自己回復へどの様な効果があったろうか?

帰りの車で疲れ果て寝ているイネスを横目に、知り合いの婦人のホームパーティーに立ち寄る。そこで、エルドマンのオルガンの伴奏で、イネスは<ホイットニー・ヒューストン>の「GREATEST LOVE OF ALL 」を唄う。
(あなたが夢見ていた場所が、寂しい場所になってしまったら、愛があなたを力づけてくれる)イネスの力強い熱唱は、その場にいた全員の心を奪った!

DSC_0592_20170710214442384.jpg

エルドマンのメッセージ――自分を大切に生きて欲しい/ 一緒に歌った幼い頃に戻ろうよ

誕生パーティーで、自分の殻を破るためのヌード・パーティーを目論む!

ブルガリアの精霊伝説――クケリ(ブルガリアの祭りの際に着用される被り物)=を被ったエルドマンがイネスの悪霊を追い払う。春先にクケリ(日本の“なまはげ“みたいなもの)を被って悪霊を追い払い、家族の健康を祈った。

DSC_0595.jpg


<監督・脚本>「マーレン・アデ」(1976~ドイツ生まれ。
     「恋愛社会学のススメ」(2011)
「トニ・エルドマン」(2016)ではカンヌ映画祭・ベルリン映画祭でグランプリ
<主演>「エルドマン(ペーター・ジモニシェック)」1946~ オーストリア生まれ、マルガレーテ・フォン・トロッタ監督の「三人姉妹」(89)に出演。テレビに多く出演。
    「イネス (ザンドラ・ヒゅラー)」1978~ドイツ生まれ。舞台女優。
     06年の「レクイエムーミカエラの肖像」でベルリン映画祭(女優賞)。ドイツを代表する女優。



  1. 2017/07/10(月) 21:24:46|
  2. 『2017年映画』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『日記』「闘い終わって、、、」 7/4

『日記』「闘い終わって、、、」7/4

DSC_0581.jpg

*都議選が「自民大敗・小池<都民>大勝」に終わった。<アベ1強>がとうとう瓦解した。平家物語ではないが、「奢(おご)れる人も久しからず、盛者必衰の理」である。森友・加計疑惑に始まって、「共謀罪」法の参院議決問題、稲田防衛相の憲法違反的失言、豊田自民議員の秘書に対する「このハゲー!」暴言・暴行、最後に都議選の指揮官である下村幹事長代行の加計政治献金疑惑が出て、<1強の傲慢・おごり>にまみれた選挙が自民大敗に終わった。

都民ファーストファーストDSC_0585
*<小池都民ファースト>とは都知事選で発生した小池カラーの人気の政党である。自民・公明・民進・無党派層から票を奪い、188万票・33.68%・49の議席(127議席)=公明を含む支持勢力79/127の圧勝。民進からの入会者が多く民進の都議はガタガタになった。
「情報公開」と「税の使い方で無駄使いを改める」を主張している。都議会自民党と対立、自民からは応援をしたものは「本人・親族とも処分する」と攻撃。しかし、公明が支持に回った。

*アベ首相は加計・森戸問題で逆風が吹いているとし(ヤジで荒れることを恐れた)屋内の身内の会場3か所に留まっていた。が、投書前日7/1の秋葉原で初めてで最後の街頭演説で会場の聴衆から「帰れ」「辞めろ」のもの凄いヤジが飛んだ!首相の「演説を邪魔するような行為を自民党はしない」と語気を強めて言い返した。しかし、「帰れ・辞めろ」のコールが会場を埋め尽くした。会場に森友学園の籠池夫妻が登場、100万円を返すのだと札束を見せた。そしてコールの時に「封建主義に戻すな!」とか「民主主義を守れ!」とか「噓をつくな!」の叫び。籠池さん、最初幼稚園児に「教育勅語」を合唱させて仰天の登場だったが、証人喚問で「明恵夫人から100万円を貰った」「松井府知事からは梯子を外された」と証言。見ていて彼も被害者ではないかと思えてきた。たった一人で強権力に抗している一私人像が何かを訴えている様に見えたのは甘かったでしょうか?
壇上の首相・石原(伸)・丸川珠代などが「帰れ」コールに抗して、訳が分からぬ言葉でが鳴り立てていた。騒然たる光景だった!

*党派別当選者数
都民49,現6、立候補50 / 自民23、現57、立候補60、 / 公明23、現22、立候補23
共産19、現17、立候補37 / 民進5、現7、立候補23

都議選において民進は敗北した。立候補23、当選5、前回獲得15、今回<都民ファースト>に大量に流れた。共産は受け皿になって当選19、前回獲得17。国会における野党(民進・共産・社民・生活)は、自民が大敗しても受け皿にならない悲惨な現実。むしろ、小池の「都民ファースト」が受け皿としてクローズアップされるとは!
*小池氏が3日「都民」代表を退き、知事職に専念すると明らかにした。代表を野田数に戻すと。にわかに小池氏が近い将来国政に進出するのではないかと騒ぎだした。来年12月までに行われる衆院選への小池氏の動向が気になりだしたのは、今回敗れた自民と民進である。東京を中心に関東や名古屋などの大都会に小池氏の動きは広がるだろう。近い将来図として、
①小池氏を中心とする新保守グループに、民進や維新や自民からどのくらい駆け寄るか?
➁自民を中心とする旧保守グループ。
③民進の残留グループ、リベラル左派
④共産
⑤公明
これから、政界再編成に向けて議論が始まるだろうか?

*7月2日の開票状況の時、「都民ファースト」の看板の前にいた、一見恐そうな男こそ都民の代表の後継者野田数氏である。そして、驚いたことに彼は明治の「大日本帝国憲法」の信奉者で、都議会に「現憲法」無効を訴えた極右信奉者であり、六本木ハレンチ豪遊で知られた存在であること。はあーさて、今後の「都民」の行方は?小池新党の行方は?

*遠くない未来図において野党第1党「民進」の敗退は無念である。東京だけを見ているかな?何しろ、安倍自民の不支持が大幅にダウンしても、民進の支持率が8%の低迷―――これでは受け皿に成りっこない!現執行部の責任を求め退任を求める。勿論、安倍の退陣・菅を中心とする内閣官房の陣営、内閣府の陣営の罷免を求める。


  1. 2017/07/04(火) 21:37:29|
  2. 『日記』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0