FC2ブログ

私の見た映画・美術・

映画・美術・イタリア旅行の紀行文の紹介です。

『2017年映画』「沈黙ーそのⅡ、殉教と転び 」  2/25

『2017年映画』「沈黙―そのⅡ、殉教と転び」      2/25

DSC_0072.jpg

本年2月2日に遠藤周作原作M・スコセッシ監督『沈黙』のブログを書き終えたが、心がしっくりしなかった。主人公ロドリゴ(A・ガーフィールド)の苦悩と転びを本当に捉えていないのではないか、という悔しさみたいなものが付きまとった。ロドリゴの心中の劇的ドラマを捉えて表現する言語を自分は発見していないのではないかと、ブログの訪問者山村さんにため息をもらした。

「転び」は悪いことだという観念が邪魔した。戦中の「転向」のイメージが去来した。小林多喜二の虐殺と中野重治の転向が頭の中で交差して決断できなかった。「転び」しか生きる方法がない極限の情況で、人間は何が出来ようか?
殉教を美化し転びを否定するのは、いずれも時の教会権力や政治権力だが、文学作品・映画演劇の芸術虚構世界ではもっと自由であっていい。
DSC_0053.jpg

『沈黙』は島原の乱が鎮圧されて間もない、キリシタン禁制下の日本に潜入するポルトガル宣教師ロドリゴの生涯を描いたものである。崇拝するイエスズ会の宣教師フェレイラ(リアーム・ニーソン)が24年間の布教活動中捕えられ、拷問のすえ転んだ。日本名を与えられ弾圧側に与して背教者となっている、、、噂を確かめようと西の彼方からはるばる日本にやってきた。日本では切支丹弾圧の嵐が荒れ狂う。
 DSC_0068.jpg
 
ロドリゴは幕府の過酷なキリスト教弾圧に苦しむ信者を見て、神よ何故あなたは黙っているのですかと問い、神は存在するのかと自問自答した。が、ロドリゴは神の栄光に満ちた殉教を願っていた。幻影か?その師フェレイラの声を通して、ロドリゴは自問自答する。お前は彼らのために教会を裏切ることが怖ろしいから=保身のために踏絵を踏めないのだ。もしキリストがここにいられたら、主は転んだだろう。ロドリゴは思わず生涯で最も美しいと思ってきたものに足を掛けようとする。その時、≪踏むがいい≫と銅板の人は言った。私はお前たちに踏まれるために、この世に生まれ、十字架を背負ったのだと耳元でささやいた。
DSC_0051.jpg

ロドリゴは信者のために転ぶのだが、映画では(スコセッシ監督は)棄教と描いていない。彼は日本人となり幕府から屋敷や妻を与えられて老齢になって病没するのだが、樽の中の遺体は手に粗末なキリスト像を握っている。切支丹として処刑された農民モキチ(塚本晋也)が形見にロドリゴに渡した木彫りのキリスト像である。ロドリゴは教会からは破門されたが貧しい農民たちの神を信じようとした。江戸期の隠れキリシタンとは関係は資料的には定かではないが、、、*
*転んだ者側の記録は残っていないそうです。恥じと捉えたからか。ローマの総本山では棄教は許されない。
*「隠れキリシタン」についてはキリスト教とは別の存在だと主張。

DSC_0061.jpg
何度もロドリゴを裏切るキチジロー(窪塚洋介)の存在が気になる。ユダである。彼はロドリコの牢屋前で訴える。「(殉教したモキチやイチゾウのようには」俺は強かありません。踏絵を踏んだ足は痛か、弱か者に生まれさせておきながら、強か者の真似をさせるなんて無理無法だ!俺のような弱か人間を救う手立てはないんか?)転ぶ前のロドリコはキチジローの存在は眼中になかった。上か見下す視線だ。転んで初めて「この世に強い者も弱い者もないのだ。どうして弱い者が強い者より苦しまなかったといえるだろうか。」と言える視点に立てた。キチジロ―のような弱い存在、それが人間なのだ。我(が)のためなら何度も裏切る、輝かしい殉教者になれないのが人間なのだ。(キチジロ―は自分だと作者は思いを込める)

ロドリゴの内面の劇的ドラマが面白い。キリスト誕生の、創世記のキリスト教生誕史のドラマを見ているようだ。
ロドリゴの転びで展開される内的ドラマを、西欧の父権的裁きの<神>から日本の母性的な赦しの<神>への転換と捉える、魅力的な論は面白い。

ブログに最近訪問される「神秘主義哲学の立場から」(Okanoさん)が、2/5に「遠藤周作『沈黙』~スコセッシ監督の映画に描かれなかったもの」続いて「遠藤周作『沈黙』評論あれこれ①」を掲載された。大変に参考になった。詳細に論を進めておられ、精緻な論の立て方に感心しました。映画では原作にある「ロドリゴの心中の劇的ドラマがほとんど取り上げていない」ことがご不満でした。原作を読み映画と比べればそういう批判が出て来るのでしょう。
「『沈黙』評論あれこれ」も1966年の大岡昇平の絶賛、江藤淳の「成熟と喪失―母の“崩壊”」。父権的な裁きの神から母性的な赦しの神への転換―日本的なるものの発見という評論。それからの『沈黙』評論史をざーと拝見して、もう50年経ってしまったのかと感慨深かったです。
有難うございました。



スポンサーサイト
  1. 2017/02/25(土) 15:51:49|
  2. 『2017年映画』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

『2017年映画』「エリザのために」(ルーマニア映画、監督クリスティアン・ムンジウ出演A・ティティエニ

『2017年映画』「エリザのために」(ルーマニア映画、監督クリスティアン・ムンジウ2/20
                         出演アドリアン・ティティエニ、マリア・ドラグシ
                                2016年カンヌ映画祭監督賞

DSC_0084.jpg

ルーマニアの小さな都市で暮らす医師ロメオ(A・ティティエニ)は、妻とは家庭内離婚状態でシングルマザーの愛人がいる。18歳の娘エリザ(マリア・ドラグシ)を愛していて、英国の名門ケンブリッジ大学に入学させることが目下の望みなのだ。その為ならば何でもやるという。
娘は登校途中暴漢に襲われ強姦されそうになる。幸い未遂で終わったがそのショックで留学のための最終試験に影響を及ぼしそうだ。父親ロメオは娘の留学を勝ち取るため、友人の警察署長・副市長・試験監督官とツテを頼り奔走した。その代りロメオは見返りにある条件を飲むのだった。しかし、娘は父親の裏工作に反発するばかり。そんな中、ロメオに検察の手が迫ろうとしていた、、、
DSC_0085.jpg

映画は中年の医師ロメオの、娘を守るための犯した間違い、必死な行動、苦悩とためらい、取り繕う嘘、後悔の涙を描いてゆく。主人公の哀しさ、滑稽さも同情をさそうが、何か違うという感情が沸き起こってくる。

ロメオは何故娘を名門ケンブリッジに留学させたいか?気になるのは映画のシーンに何回か出て来る「ルーマニア革命の挫折」という台詞だ。「自分たちのようにはなって欲しくない」。1989年のチャウシェスク独裁政権の打倒とその後のルーマニア民主化運動の挫折だ。映画の主人公は91年亡命先から帰国。(恐らく民主化運動に参加。映画では伏せられている)民主化運動の挫折が共産主義時代以上の絶望的な汚職と不正がはびこる社会になってしまった。「娘を英国留学に」とは自己の立つルーマニアの否定であり、ここに夢も希望もないということだ。という否定形の強烈さが作品のリアリティーである。

例えば、チャウシェスク時代の「国力は人口なり」の人口増加政策で多くの子どもたちを増加させる政策を取った。独裁政治破綻後、満足に食料を与えられなかった子どもたちは行き場を失って町に溢れた。首都ブカレストの下水道の中で暮らす彼らを“マンホール・チルドレン”と呼ばれ、麻薬・HIV感染・結核の温床となり、大人になった彼らが子どもを生み育てることで今なおルーマニアの暗い闇を作っているという。
地下の暗い闇と反対に地上の社会では共産主義時代の金とコネと不正が横行しているのだという。

(K ・ムンジウ監督)
ムンジウ監督

クリスティアン・ムンジウ監督はルーマニアの現実を頑固なまでのリアリズムで描いている。希望や出口は「無い」と言わんばかりだ。娘のために必死に奔走する父親の姿を、娘可愛さに止むを得ない行為だ。それを止むを得ないことだと共感する心情はやはりおかしい。しかし、ムンジウ監督はあえて批判を承知の上で医師ロメオの必死さを描いているのではないか?
チャウシェスク独裁政権打倒後の民主化運動に参加した医師ロメオは、挫折後の今、娘の留学しか望みを託すものがない父親になってしまった。ロメオの裏工作、取り繕う嘘、後悔とためらい、流す涙に、反面教師的人間像として描いたと言ったら言い過ぎだろうか?ロメオの行動にルーマニアの縮図が逆に照査される。
正攻法で留学を掴んだ娘エリザを囲んだ記念写真に、10代の青年たちの輝ける顔に、明日のルーマニアの希望を暗示したのではないか。

*クリスティアン・ムンジウ(ルーマニアの映画監督。1968年東部のヤシ出身。

2007年、「4ヶ月、3週と2日」でカンヌ映画祭でパルムドール(監督賞に輝く)
DSC_0088.jpg

2013年、「汚れなき祈り」 カンヌ映画祭(女優賞・脚本賞)
DSC_0087_1.jpg


2016年、「エリザのために」カンヌ映画祭(監督・脚本賞)




  1. 2017/02/20(月) 18:12:08|
  2. 『2017年映画』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『2017年映画』 「スノーデン」(監オリバー・ストン出ジョセフ・ゴードン・レヴィット) 2/14

『2017年映画』「スノーデン」(監オリバー・ストーン出ジョセフ・ゴードン・レヴィット)  2/14

DSC_0081.jpg

*ハリウッドを代表する社会派の監督オリバー・ストーンの「スノーデン」を見た。アメリカ政府による個人情報監視システムの実体を暴いた元CIA職員エドワード・スノーデンの伝記である。
2013年6月、英国のガーディアン誌のスクープ、米政府が秘密裏に開拓した国際的監視プログラムの存在が発覚する。情報提供者は米国家安全保障局NSA職員、29歳の青年エドワード・スノーデン。輝かしいキャリヤと幸福な人生を賭けてまで、何故彼は内部告発に踏み切ったのか?
世界最強の情報機関の内部を暴露すれば身の危険が迫るが、スノーデンは全世界の個人情報が監視されている事実に、黙っていることが我慢ならなかったという。映画は彼を支えた恋人との日常生活を描いてゆく。情報機関の中枢へと登りつめながら対テロ監視の名の元に、彼自身も驚愕する監視システムに己も監視されているのではないかという強迫観念に捉われる。

*私はアナグロ人間でデジタルは無知に近い。このパソコンも息子たちの援助で辛うじてやっている。映画を見ていて監視プログラムがどういうことなのか全貌が掴めなかった。監視プログラムが具体的に市民の生活にどのような恐怖をもたらすかわからなかった。

*映画のシーンの内容
① SSO(エスエスオー)「特殊情報源工作」国際ケーブルなどの通信インフラに侵入し、NSAに転送する。
② PRISM(プリズム)マイクロソフト、ヤフー、グーグル、フェイスブックから利用記録を情報として収集。
③ STORMBREV(ストームブリュー)国際海底ケーブルの上陸地点で、通過する全通信をコピーする。全世界7ゕ所のチェックポイント。

*私はこれを書いていて上記のシステムが具体的にどれほどのものか想像力を働かせない。ただ、ネット社会のスピードの速さ、パソコンの便利さと裏の闇、プライバシーが丸裸にされる。「2045問題」(コンピューが人間の知能を超える)は耳にしている。だがその程度の知識ではたかが知れている。だが、この奥に恐ろしい世界があるかもしれない。

DSC_0083.jpg

主人公のスノーデンは2013年6月に英国ガーディアン誌で内部告発を行った後、米当局から逃亡、現在モスクワにいる。彼が何故内部告発に決断した究極の理由は映画でオリバー・ストーン監督に語っている。又、スノーデンは内部告発に際して綿密な計画を立て実行した。告発を世に知らしめる計画の中にストーン監督による映画化が入っていたかも知れない、がこれは?である。
オリバー・ストーン監督にはスノーデンの弁護士を通して連絡が入り、ストーン監督はスノーデンと何回か会った。モスクワに9回会いに行った。監督は彼の協力が得られれば、「内部の者の見た視点」で映画が撮れるのではないかと思って映画化を決意した。

DSC_0082.jpg

例えばこういうシーンがある。
*いったん日本の通信を支配したら、次はインフラ・送電網・ダム・病院に支配は及ぶ。いつか日本が同盟国でなくなる日が来たら、全部破壊というわけだ。衛星から見た日本列島が映し出される。煌々(こうこう)と輝いている。それが突然真っ暗闇になる。日本を報復するために社会機能を壊滅するというわけだ。標的はメキシコ・ドイツ・ブラジル・オーストリアに及ぶ。

*個人のメール・チャット・ネット検索履歴・携帯電話の通話記録など、世界中のあらゆる通信経路を通過する情報をすべてNSAが掌握している事実を突きつけられている。我々は井の中の蛙であり、井の外に出れば恐るべき防諜の世界が張り巡らされているとスノーデンは言っている。

*日本の一般の個人や企業が米国の監視網の中に入っているか?スノーデンはイエスだという。NSAの世界同時監視システムはテロ対策用だが、テロリストをあぶり出す為、普通の人のメールやSNSなど全データを取り込んでおく。つけ込む弱みを探っている。以上の目的で作られたともいえる「秘密保護法」。今問題になっている「共謀罪」!具体的な行為がないのに話し合っただけで処罰する、という危険な法律。監視システムの完成を急ぐ国家権力。

*2010年、ジュリアン・アッサンジ氏によって設立された「ウィキリークス」によって報じられた<アメリカ外交公電流失事件>。2013年、スノーデン氏による<アメリカ国家安全保障局NSA>による「個人情報収集の手口」。2016年に発覚した「世界の大富豪たちの金融取引の記録<パナマ文書>-タックスヘイブンによる税金逃れーの流失。これらの勇気ある公表がなければ我々は真実を覆い隠された世界に生きていたことになる。 

*<トランプ登場後の世界>
彼の当選が決まりかけた時、もの凄い不安に襲われ調べたみたら、世界のがらんどうの骨組みが透けて見えた。まず、驚いたことは99%の論者がトランプはまさか当選するとは思っていなかった。トランプ氏の言動のひとつ、米国は世界の警察官から降りたいという衝撃的な発言だった。今までの世界の仕組みを変えるのかと思った。又、自分の国は自分で守れという当たり前の理屈を突き付けられた時、我々は敗戦・戦後史の70年を歩んでしまったのだと思った。しかし、今のままが一番いい。70年戦死者がいない歴史は貴重だ。だがこの体制を維持すのは大変な努力を伴う。いや、それは可能か?とつぶやいてしまう。
ドタバタは続きそうである。お調子者の踊りが狂いだした!頼みもしないのにお土産外交に狂いだした。どこまで狂ってゆくのだろうか。



  1. 2017/02/14(火) 16:32:55|
  2. 『2017年映画』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『2017年映画』「沈黙ーサイレンスー」(原作遠藤周作、監督マーティン・スコセッシ)2/2

『2017年映画』 「沈黙―サイレンスー」(原作、遠藤周作。監督マーティン・スコセッシ) 2/2
              アンドリュー・ガーフィ―ルド、アダム・ドライバー、リアーム・ニーソン
              浅野忠信、窪塚洋介イッセー尾形、塚本晋也、加瀬亮、笈田ヨシ

DSC_0048.jpg


「沈黙」は作家遠藤周作のキリスタン弾圧下の、神と信仰を描いた大作である。「タクシードライバー」や「デバーデット」のアカデミ監督マーティン・スコセッシが27年あたためて映画化した問題作。

島原の乱後の日本、イエスズ会の高名な神父フェレイラが江戸幕府の過酷な弾圧に屈して棄教したという報告がローマにもたらされた。
(長く広い階段を話しながら歩むロドリゴたち。空撮による面白さを出した写真)
DSC_0072.jpg

フェレイラの弟子S・ロドリゴとF・ガルベは日本に潜入すべくに澳門(マカオ)に立ちより、本国に帰りたがっている日本人キチジローに逢う。キチジローの案内で五島列島に潜入したロドリゴたちは隠れキリシタンの歓迎を受けるが、長崎奉行に追われる。
(ガルベ神父)
DSC_0064.jpg

役人に処刑され殉教する信者たちを目の前にして、ガルベ神父は思わず駆け寄って命を落とす。ロドリゴはひたすら神の加護と奇跡を祈った。しかし、神は沈黙した。何も答えなかった。
(ロドリゴ神父)
DSC_0056.jpg

キリシタンが何故日本の民衆の心を掴んだのか?あのような過酷な殉教が多く発生したのか?

村の信者たちの歌
「参ろうや 参ろうや パライソ(天国)の寺に 参ろうや パライソの寺とは  申すれど  遠い寺とは   申すれど」
(パライソには厳しい年貢の取り立ても無ければ、飢餓も無い。病の心配もなければ、苦役もない。天国だ。)
村人にとって現世は地獄だ。いや、信仰によってパライソ(天国)を知り、この世が地獄だという事が分かった。日本にキリスト教が広がったのは、庶民が生まれて初めて「人の心の温かさ」にふれたから、という見解がある。過酷な税で牛馬の如く働かされ、庶民の心を揺さぶる宗教も身近になかった。(仏教は身分の高い者の宗教)彼らにとってキリスト教にすがりつくことは救いだった。弾圧にも耐えて天国の神のもとにゆくことが理想の念願成就になった。この世の地獄から神のいる天国へ。

(神父ロドリゴと信徒モキチ<塚本晋也>)
DSC_0051.jpg

逃亡するロドリゴはキチジローの密告によって捕まった。連行されるロドリゴの後を泣きながら言い訳しながら必死に追いかけるキチジローの姿があった。

長崎に連行される旅の途中、牢屋のロドリゴの前に来てキチジローは訴える。
「(殉教したモキチやイチゾウのようには)俺は強かありません。踏み絵を踏んだ足は痛か、弱か者に生まれさせておきながら、強か者の真似をさせるなんて無理無法だ!俺の様な弱き人間が救われる方法はないのか?」
(キチジローの訴えはロドリゴの心の隅に残る。物語の展開に連れてますます意味を持ってゆく。)

(ロドリゴ神父とキチジロー<窪塚洋介>)
DSC_0058.jpg

踏み絵が始まった。役人が単なる形式だからといって村人たちに踏み絵を強制していく。片目の男と役人がのんびりと話していた。一匹の蠅が周りを周り始めた。突然誰かが走った。高い女の叫び声が起こった!役人が鋭く光った刀を収めた。首のない片目の男の死体が地面に倒れていた。片目の男だ。キチジローが役人に何度も頭を下げ踏み絵を踏むと、転げるように姿を消した

キリシタン弾圧の過酷なシーン!モキチとキチゾウが波責めを受けている。
DSC_0068.jpg

長崎奉行井上筑後守。元信者で「穴吊り」という棄教に有効な方法を生み出し恐れられている。幕府の切支丹政策の中心にいる。
DSC_0078.jpg

井上筑後守から、「キリスト教は日本に根付かない。日本には仏教という昔からの宗教がある。日本にとってキリスト教は何故必要なのか」という命題を突きつけられた。奉行はロドリゴに肉体的な拷問は行わなかった。1度の食事が2度になった。(ぬるま湯のような安易さがロドリゴを支配した。殉教は近いか?)

*弾圧する幕府側には、キリスト教の布教という宗教的進出に危機感を持っている。が、貿易による利益がある。植民地的な支配の野望が透けて見えるー政治的危機感からの「耶蘇禁止」。
*キリスト教の内部要因(オランダ・イギリスは新教。スペイン・ポルトガルは旧教)当時の旧教は植民地獲得に向かって膨張的だった。メキシコのアステカ王国・ペルーのインカ帝国、アジアのマカオ・マカオへの進出を脅威を持った。秀吉・家康の警戒。

奉行所でフェレイラ師に会った。何年振りだろう。師は卑屈な笑いと羞恥心で彼を見た。ロドリゴは懐かしさ、怒り,哀しみ、恨み、複雑な感情が交差した。
(フェレイラ宣教師<リーアム・ニ―ソン>)
DSC_0053.jpg

フェレイア師は「私はこの国で役に立っている。」と言った。天文学や医学の本を翻案している、と。通辞が「もうひとつ、デウスの教えとキリシタンの誤りと不正を暴く書物を書いている。顕偽録という。」辛辣に言い放った。
ロドリゴは「酷い、どんな拷問よりもこれほど酷い仕打ちはない!」フェレイラ師の眼に白い涙が光った。そして「お前が転ぶように 勧めろと言われた。20年布教して思ったことはキリスト教がこの国には根を下ろさぬということだ。沼地だ、どんな苗も根が腐り始める」
「日本人は神の概念を持たぬ民族だ。人間を超えた存在を考える力を持っていない。」

ロドリゴは自問自答する。
*私が生き残ることは日本にキリストの灯が灯っていることだ。
*前の時代、宣教師は貿易のために保護され、また、それを利用して布教した。
*今、日本人の信者の生死は宣教師が転ぶかどうかにかかっている。宣教師の転びに幕府は何故熱心なのか?お前は彼らの為に死のうと日本に来たのに、逆にお前のためにあの者が死んでゆく。
*この国の人間は自分の為に死ぬことはなかった。彼らが自分を守るために死を選んだのは信仰を得たからだ。
*神は何故この様な時に黙っているのか?
*キチジローの言う「弱い者」の救いはないのか?
(イエスは裏切るユダを何故弟子にしたのか?ユダの役割は何だ?)

―転ぶシーン―
ロドリゴ    「鼾(いびき)が聞こえる。腹立たしくなる」
フェレイラ師 「鼾ではない。穴吊りにされた信徒の苦痛の呻(うめ)きだ。私が転んだのは「穴吊りにされた信徒の苦悩に、神は何もしなかったからだ。お前も、私も何もしてやれない」
ロドリゴ    「主よ、今こそ沈黙を破る時だ。あなたが正であり、善であり、愛の存在であることを証明しなければならない。」
フェレイラ師 「お前は彼らより自分が大事なのだ。お前が転ぶと言えば、あの人々は救われる。それなのにお前は何もしない。教会を裏切ることが怖いからだ。もし、ここにキリストがいたら、彼らのために転んだだろう。さあ!大きな愛の行為をするのだ!」
踏み絵は彼の前にあった。茨の冠を被ったキリストの醜い顔。ロドリゴはその顔を自分の顔に押しあてたかった。悲しげな眼差しで彼を見ている。一滴の涙がこぼれそうだった。「ああ、痛い」ロドリゴは呻(うめ)いた。足を挙げた。鈍い重い痛さ、形だけではなかった。自分は今、生涯で一番清いと思っていたものを踏む。その時、「踏めばよい」とキリストは言った。「お前の足の痛さは私が一番よく知っている。踏むがいい。お前たちに踏まれるために、この世に生まれ、お前たちの痛さを分かつために十字架を背負ったのだ」
ロドリゴが足を掛けた時、朝が来た。

踏み絵を踏み、敗北に打ちひしがれたロドリゴに、キチジローが許しを求めにやってくる。イエスはキチジローの顔を通して、ロドリゴに語りかける。「私は沈黙していたのではない。お前と共に苦難を引き受けていたのだ。一緒に苦しんでいたのだ。この世に強い者も弱い者もないのだ。どうして弱い者が強い者より苦しまなかったと言えるだろうか。」

転びの宣教師岡田三右衛門が江戸切支丹屋敷で生涯を閉じた。火葬にされる直前にひそかに木彫りの十字架が手に隠された。

この小説の醍醐味は「転びー棄教」である。人間を救済するための宗教が殉教を呼んでいる。キリストを信仰したために過酷な苦痛をこうむる。どんなに残酷な殉教であっても、神は沈黙したままだ。(宗教は実利的なものではない)
生死を賭けて信仰したものを棄教することは大変なことである。ドラマが生まれる。逆に、過酷な運命・存在・人生だからこそ、神が必要だったのではないか?キリストという救世主を創造して過酷な運命から民を救う。

キチジロ―は作者であり人間である。弱い存在、裏切り、臆病,欲張り、小心、、ネガティブなイメージ総てがキチジロ―である。

隠れキリシタンという世界に例のない宗教・信者が江戸3百年を通して信仰の灯を守り続けたのである。

若い頃、偏見のためか遠藤周作を本気で読まなかった。今になって読んでみて面白かった。

原作、遠藤周作(1,966年書き下ろし。谷崎潤一郎賞受賞)
監督、マーティン・スコセッシ(オスカー監督、1942年、イタリア系米国人の映画監督。
    「タクシードライバー」(76年)「ディパーテッド」(06年アカデミ監督)
出演、アンドリュー・ガーフィールド、アダム・ドライバー、リーアム・ニーソン、
  浅野忠信、窪塚洋介、イッセー尾形、塚本晋也、笈田ヨシ、加瀬亮




  1. 2017/02/02(木) 17:01:10|
  2. 『2017年映画』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0