FC2ブログ

私の見た映画・美術・

映画・美術・イタリア旅行の紀行文の紹介です。

『2016年映画』「めぐりあう日」(監督ウニ―・ルコント、主演セリーヌ・サレット、アンヌ・ブノワ8/14

『2016年映画』「めぐりあう日」(監督ウニ―・ルコント、出演セリーヌサレット、アンヌ・ブノワ、
                                     
                                    エリエス・アギス) 8/14
.ポスターめぐりあう日



孤児となった少女が韓国からフランスへ養子として旅立つまでを描いた「冬の小鳥」のウニ―・ルコント監督。それから6年後、産みの親を知らずに育った女性が、30年の歳月の果て、実母とめぐりあうまでの日々を描いた本作「めぐりあう日」。母親を知らぬままに大人になった女性の「母親探し」の物語、自己のアイデンティティーを執拗に求める感動的ドラマ。


理学療法士(身体の機能回復をサポートする)をしているエリザ(セリーヌ・サレッ)は、パリで夫と10歳になる息子と住んでいた。
彼女は「産みの親知らずの養子」として育ったため、実母を探していたが、「匿名出産」(匿名で出産した女性を守る法律)の壁でなかなか実母を発見出来なかった。自ら調査しようと夫をパリに残して、自分の出生地であるダンケルクに息子と引っ越してきた。しかし、エルザが生まれた産院も移転し助産婦も行方が分からない。「匿名」の壁は厚く、実母調査はなかなか難しい。

DSC_9489.jpg

ダンケルクはドーバー海峡に近く、英国やベルギーと接している。第2次大戦の激戦地で壊滅的な被害を受け、戦後、復興のために海外から多くの労働者を受け入れ移民の多い町だ。重工業の発達した現代都市。砂浜の海岸が続いていて、パリとは違った色々な国の移民が集まっている。哀愁を帯びたアラブ風のトランペットの曲がダンケルクのシーンでは流れている。
DSC_9479.jpg


10歳の息子ノエ(エリエス・アギス)はアラブ系の容貌なので、実父母にアラブ系が入っていると予感しているエリザ。息子が学校で「豚肉はダメなんだろう!」と虐められているのを庇った用務員のアネット(アンヌ・ブノワ)は、息子のノエを見守るようになった。
アネットは或る日、犬の散歩中に転倒して背中を痛めて、学校から聞いてエリザの診療所にやってきた。アネットは「長いまつ毛ときれいな青い目をしたお子さんですね」とノエを誉める。エリザの施術を受けるアネット。ある時エリザはアネットに「子どもはいるか?」と尋ねるが、ノン(否)だった。又、或る時アネットがエリザに、「ノエはあなたの実の子?」と尋ねると、「養子は私の方よ」と切り返され、次第に心が乱れ始めるアンネット。エリザを30年前に産み、放棄した子ではないかと思い始める。
①DSC_9473


エリザの施術は身体の機能回復をサポートするために、素手で患者の肌に触れ揉みほぐす。素手と肌が触れ合い、肉が肉を揉み合い、身体の深部の機能を回復させてゆく。このエリザの施術が、映画のドラマにとって重要な意味を持ってくる。
エリザの施術を受けるアネット。晒した裸体はでっぷりと脂肪のついた人生の峠を越えた「肉体」だ。映画はリアリズム、容赦なくアネットの贅肉の塊のような肉体を晒す。
エリザの施術は、寝そべらせた患者の全身を、母親が我が子を抱き抱えるように、子を夢の世界で、ゆり籠で揺するような、施術を施す。幻想的な目眩いシーンである。ピアノとトランペットの静かな調べが流れて、、、(胸がわしずかみされるような)

①DSC_9471

アネットがエリザに手紙で実母であると打ち明けることから急な展開が始まる。
30年前、故郷に妻子を残して出稼ぎに来ていたアラブの男をアネットは愛した。ノエと同じょうな青い目をしていた。アラブの男は故郷に帰り、妊娠してたアネットはどうしても産むと言ってきかなかった。アネットの母ルネ(フランソワーズ・ルブラン)は娘を匿名出産させ、産まれたエリザを養女に出してアンネットを庇って生活してきた。突然現れた孫娘のエリザに腹立たしさをぶつける。


シュールレアリスムの創始者アンドレ・ブルドンの詩の中に、まだ幼児の我が子に宛てた一節
「あなたが狂おしいほどに愛されることを、私は願っている」

その詩が朗読されて、映画は終わる。ちょっと唐突だが、監督ウニ―・ルコントの切ない感情が込められている。産みの親から一切絶縁された人生は、己の人生が肯定感がない不毛なものだと言っている。自己のアイデンティティーを掴むためには、また、他者と人間関係を築くためには、避けて通れないのだと言っている。


マルガレーテ・フォン・トロッタ監督の「生きうつしのプリマ」と

DSC_9435.jpg

ウニ―・ルコント監督の「めぐりあう日」
エリザDSC_9488

の二作品を見ての感想を書きました。二人の優れた女性監督は似ているようなテーマを追求しているようです。映像作家フィオナ・タンも同じです。己のアイデンティティーの追求です。そしてそれは、
「人はどこから来て、どこへゆくのか」
に。つながってゆくはずです。


暑い日々が続きます。皆さまお体を大切に。

しばらく、お休みをいただきます。









スポンサーサイト



  1. 2016/08/14(日) 18:51:04|
  2. 『2016年映画』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

『生きうつしのプリマ』(監督マルガレーテ・フォン・トロッタ。主演カッチャ・リーマン、バルバラ・スコヴァ

「生き写しのプリマ」(監督マルガレーテ・フォン・トロッタ。主演カーチャ・リーマン。
                                      バルバラ・スコヴァ     8/7

DSC_9434.jpg


2013年、ドイツのトロッタ監督の「ハンナ・アーレント」は話題を呼んだ。私は岩波ホールの初日に見に行ったが、最初の回が終わった時、その日の席は全部売り切れ、後で聞くと会場の盛況が連日続いた。映画から出版へ――アーレントの哲学がクローズアップされ、雑誌での論争を巻き起こした。哲学書が売れ出す!稀な現象を起こした。
そのマルガレーテ・フォン・トロッタ監督の最新作「生き写しのプリマ」を見た。


ドイツのクラブでジャズを歌っている中年の冴えない歌手ゾフィ(<帰ってきたヒトラー>のカッチャ・リーマンが好演)、暗い歌の為か華やかさに欠ける為かクラブを首になった。しかも恋人とも別れて最悪な状態になった。父からの電話で、「お母さんそっくりなプリマ歌手がメトロポリタンで歌っている。お前、ニュ―ヨークに飛んで確かめて欲しい」母エヴェリンは1年前に亡くなっている、父の妄想だと思いながらウエイブサイトの写真は母にそっくりだった。

DSC_9438.jpg

強引な父にせかれて、しぶしぶニューヨークに行き、オペラ歌手カタリーナ(バルバラ・スコヴァの二役)に逢ってみると、死んだ母エヴェリンと瓜二つ。ゾフィにとって、目の前の母と瓜二つのプリマと私はどういう関係?又、カタリーナも自分の出自に疑いを持ち始める、、、
ドイツでは父親が亡き妻の幻影に悩んでいた。ニューヨークにいる妻とそっくりなカタリーナの存在を知らなかつた。カタリーナの父は誰か?亡き妻への懐疑が広がってゆく。夫婦・家族・姉妹兄弟の関係の深淵には何があるのか?取り繕った関係の奥には何があるのか?家族の様態とは?

DSC_9442.jpg


映像の撮り方にセンスの良さを感じた。ゾフィがニューヨークと故郷ドイツを何度か行き来するシーンの、ドイツの田園・森のシーンの美しさ。
トロッタ監督自身の自伝史に関係する。女優として活躍し、監督として2作目を完成させて注目を集めていた頃、見知らぬ女性から手紙を受け取る。それが半年前に亡くなった母の娘で監督の実姉だった。トロッタは逢ってみて驚いた。監督よりずっと母に似ていた。
シングルマザーなど許されなかった時代、幼くして妊娠し、恋人と別れて出産、その子をやむなく里子に出す。母は秘密を家族に一切話すことなく、この世を去ってしまった。母の死後、その事実を知った娘。母は何故知らせてくれなかったのか?トロッタ監督は悩む。母の人生を思いやる。姉の実父は誰か?母と姉の実父とはどのような関係・恋?があったのか?母の人生は女の人生の一面を表しているのではないか、、、

ミステリアスでドラマティックな物語に仕上げたトロッタ監督の力量、魅力的な2人の姉妹のスコヴァとリーマンという女優の、オペラのプリマとジャズシンガーソングライターの対比!(2人の音楽の才能に脱帽!)

女は、人間は <どこから来て、どこへゆくのか?、、、自分は何者か?> 映画の基本テーマ。


さえないクラブ歌手ゾフィの歌うジャズとプリマのカタリーナが歌うオペラの名曲との対比!

DSC_9436.jpg

*映画のパンフより
#、カタリーナ役のバルバラ・スコヴァの吹き替えなしでの歌唱!
・(ベルリーニのオペラ<ノルマ>から二重唱=「ああ思い出す、私もそうだった。」映画でもかってカタリーナの愛人だったマネジャーをゾフィが愛してしまう、という展開に関係する。
・シューマン<詩人の恋>13曲「僕は夢の中で泣いた。」(歌詞はハイネの「歌の本」
・シューベルトの<白鳥の歌>13曲「影法師」これもハイネ。

#、ゾフィ役のカッチャ・リーマンの歌唱。これも吹き替えなし。
ヴォーカル・ナンバー
・サンドレヴァン・ララバイーライフスタイルズ」(シクスト・ロドリゲス)
・インナー・シティ・ブルース(シクスト・ロドリゲス)
2人とも凄い歌唱力だ!

⑤ 「ニュー・ジャーマン・シネマ」という1960年代ドイツ映画をリードした。マルガレーテ・フォン・トロッタ(1942年~)もその1人。「鉛の時代」81 「ローザ・ルクセンブルク」86 「3人姉妹」88 「ハンナ・アーレント」2012
71年に盟友フォルカー・シュレンドルフ監督と結婚。シュレンドルフ監督は戦後ドイツ映画の傑作「ブリキの太鼓」79がある。
91年結婚解消。




  1. 2016/08/07(日) 16:31:15|
  2. 『2016年映画』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『日記』 「都知事選を終えて」 8/2

『日記』「都知事選を終えて」 8/2

DSC_9419.jpg

都知事選は「小池百合子」の圧勝で終わった。私が推した「鳥越俊太郎」は惨敗した。
*小池百合子(自・元防衛大臣) 当291万2000
*増田寛也 (元岩手県知事)  179万3000(自公こ 推薦)
*鳥越俊太郎(ジャナーリスト) 134万6000(民共社民生活・推)

いろいろと考えました。整理のためのメモ

① 小池は師の小泉元総理流の劇場型=「小池劇場」の創設。
「巨大な怪獣=自民党に、組織も味方の議員もなく、ただ独りで挑む、可愛そうな女剣士を演出。「味方は都民のあなただけよ」と都民を小池劇場に参加させることに成功。そのシンボルカラー・<ゆりこの緑のカラー>で倍々の大量動員に成功。
小池は自公・野党・浮動層も半分を喰い、若者・成人層・女性を基盤にして291万票を得た。(これでは今回誰も勝てない)

② 鳥越氏が野党統一候補で出てきた時、故・筑紫哲也とだぶって見え高品質なジャナーリストの出場を喜んだ。平和憲法=特に9条を根本に据えた立憲民主主義に賛同した。

しかし、この敗北は何だ? 護憲は今や場違いなのか?都民は何を欲しているのか。都民に憲法はいらないのか?国が憲法改悪にカードを切った今、逆に護憲が大事ではないのか?護憲東京で何が悪いのか!

確かに我々は街宣でも支持層は老人層だ。青年・女性・成人層が圧倒的に少ない。社会の根幹部門に護憲は何故浸透しないのか。むしろ、護憲派がこんなところまで追いつめられているのだ。決して多数派ではないのだ。参院選の1人区で勝ったところはよくぞ闘い・勝利を収めたのだ!都知事選で本当に闘ったか?、、、

「戦争をしないこと」「貧困を無くすこと」は青年・女性にとって大切であると思う。しかし、運動論に於いて小池の劇場型に負けないものが欠けていたのだ。そこをもっと解剖しなければダメだ。その果てに、新たなドラマの構築だ。

* 米のサンダース人気。スペインのポデモスを支えているのは若者ではないか?我々はSEALDs(シールズ)や若きママの会など有望な若者たちの運動を持っている。日本の若き可能性ではないか。運動があれば、闘いがあれば、まだまだ出てくるだろう。そこに期待をしょう。

DSC_9272.jpg




  1. 2016/08/02(火) 17:39:50|
  2. 『日記』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0