FC2ブログ

私の見た映画・美術・

映画・美術・イタリア旅行の紀行文の紹介です。

『美術/音楽/舞台/読書』「おらでひとりいぐも」(若竹千佐子) 3/28

『美術/音楽/舞台/読書』「おらおらでひとりいぐも」(若竹千佐子)     3/28

DSC_9813_2019032823150332a.jpg


小説の題名は、宮沢賢治の「永訣の朝」に出てくる妹トシが臨終の時に云う言葉。「私は私で一人あの世に逝きます」。賢治、最愛の妹の死を看取った、妹としの別れの言葉である。親密な兄妹の、別れの今わの際の、せつない言葉だ。賢治のことが書かれたものだと思った。ところが老婆の東北弁の独白の綴りであった。
「おらおらでひとりいぐも」は孤独な老婆の心境の独白である。賢治と同郷の遠野地方の方言で書かれた文章は、通り一片の読み方を拒絶して、作者独特の内蔵している孤高の世界の語りの開示であった。

オリンピックの頃集団就職で東京に出て来た。同郷の周造と結婚したが息子娘の二人の子どもを残して旦那は先に逝った。今では子育ても終わり子供たちも家を出て、主人公の桃子さん一人の生活である。

今頃になって何故東北弁なのか。24の時に故郷を離れて五十年、日常会話も内なる思考の言葉も標準語で通してきたのに、なのに今、いつの間にか東北弁でものを考えている。おらの内側で誰かがおらに話しかけてくる。(おらのなかに)大勢の人がいる。おらの思考は、今やその大勢の人がたの会話で成り立っている。それを「おらの内側に住み込んだ小腸の柔毛突起のようだ」と言っている。

あのどぎにおらは重々分がったのさ。この世にはどうにも仕方がない、どうしょうもねごどがあるんだ、その前では、どんな努力も下手なあがきも一切通用しねってごどがわかった。人間の無力を思い知らされたわげで、絶望という壁を認めてしまえば、あとは楽だと思った。

山姥がいる。現代の山姥はかっての新興住宅にひっそりと住んでいる。子供を大事に育てたのに、子供の命を呑み込んでしまったのではと恐れる母親のことである。母さんが息子の見も知らずの男に大金を渡してしまったのは贖罪だと言ったら驚くだろうか。母さんは息子の生きる喜びを横合いから奪ったような気がして仕方がない。大勢の母親がむざむざと金を差し出すのは、息子の生に密着したあまり、息子の生の空虚を自分の責任と嘆くからだ。
「オレオレ詐欺」の解説みたいな文章ではないか。都会に生きる息子の空虚な生への母親の贖罪だと、、、

この頃飼い馴らし自在に操れるはずの孤独が暴れる。一体何が変わったのか。一体何をきっかけにそうなるのか。コドクの正体は何なのか、ある日、、、突然、地面に押し込められ身動きが取れないような圧迫感に襲われて、声にならない声をあげて、さみしいじゃい、おらさみしいじゃいとのど元から突き上げるのを感じるのである。

陸奥の方言という鎧で防御した作者の内的な孤独な心情、「さみしい、おらさみしいじゃい」のど元を突き破るように泣き叫ぶ。薄ぺらなことばかり続く浮き世を突き破るように、響いてくるのである。






スポンサーサイト
  1. 2019/03/28(木) 22:50:00|
  2. 美術/ 音楽/舞台/読書/文学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美術/音楽/舞台/読書/文学「石牟礼道子と志村ふくみの<沖宮>道行1/20

『美術/音楽/舞台/読書/文学』「石牟礼道子&志村ふくみの<沖宮>-ふたりの道行  1/19

DSC_2632.石牟礼と


戦後日本を代表する作家石牟礼道子は、昨年(18年)2月10日に亡くなった。(享年90歳)晩年はパーキンソン病の症状に悩まされた。それでも文明の病としての「水俣病」――近代化に突き進む日本の現実と向き合い続けた半世紀だった。水俣病に関わり始めてからは日本の近代を考えざるを得なくなった。「文明とは何か。人類の行く末はどうなるのか。日本のみならず民族の情念はどこへ行くのか。」晩年以上のテーマに向き合っていた。石牟礼は亡くなるまで心血を注いだのは天草四郎を題材にした新作能「沖宮」だった。

DSC_2662_201901232131277d0.jpg

石牟礼道子と染色家志村ふくみは30年前、雑誌の対談で初めて出会った。その時、草木の命・万物の命を尊ぶ者同士として、以後交流を深めてきた。

東日本大震災DSC_2706

2011年3月11日、東日本大震災!津波・原発事故に、志村ふくみは自然の脅威・人間が引き起こした事態を前に、唯々茫然とするばかりだった。その時頻(しき)りに浮かんだのが石牟礼道子のことだった。

⑵ 往復書簡
震災から2日後、志村ふくみは石牟礼道子に手紙を書く。(これが新作能「沖宮」への道行の始まりだった。)
<志村ふくみから石牟礼道子へ>
「春も間近かだというのに、この国の大災害にしばらく筆を持つことも出来ずにおりました。「お会いしたい、お話したいことが一杯あります。何という大きな無惨な悲哀が一挙にこの国を襲ったことでしょう。石牟礼さんが度々語っていらっしゃったことが、こんな形で襲ってくるとは、水俣の悲しみがわいてきます。」(略)
志村ふくみの手紙を受け取った時、石牟礼道子の中で、震災と水俣病が重なっていきました。その思いを一篇の詩に込めた。
<石牟礼道子から志村ふくみへ>
「花を奉る。/現世とはいよいよ地獄とや 言わん/ ただ滅亡の世よ 迫るを待つのみか/
虚無とやいわん/ここにおいて 我らなお地上に開く 一輪の花の力を念じて合掌する。
  2011年の4月、大震災の翌月に」
<石牟礼道子から志村ふくみへ>
私は今最後の作品と思う新作能―天草四郎を構想中です。あなた様のお仕事で能装束を仕上げて頂きたいというのが長年の密やかな念願でございました。お聞き届けて頂ければこの上もない幸いです。このところ、長年のパーキンソン病が進行しまして、歩くのもままならず、この度の新作能が最後の作品と思うのはそのせいです。」
<<ふたりの想いはつながったのです。>>
⑶ 志村ふくみ「草木染め」の美学
DSC_2568.jpg
⑴DSC_2734

志村ふくみさんは大正13年滋賀県近江八幡市に生まれた。31歳の時、民芸運動の旗手柳宗悦を知り人生が変わるほどの影響を受けた。織物、染織家として日本の第一人者となる。人間国宝、文化功労者、文化勲章。随筆家。草木染めの鮮やかな作品世界、その美しさ・生命の秘花を文章で表現した魅力的な文化論。京都嵯峨野に、長女・孫と「工房」を開設。志村さん、桜の木に触れながら、「葉や花よりもこういう木(ボク)の方が良く染まるんですね。枝とか葉っぱより幹の方が色は蓄えているんですね。志村さんの工房には、いつも季節の草花咲いている。絹を淡い桜色に染めてくれるのは花ではなく幹なの。匂い立つ、匂うのは今だからです。命ですよ!
⑷ 石牟礼道子の「新作能―沖宮」
DSC_2683.jpg
2011年11月13日石牟礼道子さんから志村ふくみさんへFAX。「沖宮」の原稿が度々届く。
石牟礼道子から志村ふくみ様
(日)石牟礼さんは新作能の装束を染めてくれるのは人間国宝の染色家志村ふくみ(94歳)さんしか、いないと心に決めていました。)
 「あやの緋色の装束については初めから志村様にお願いするつもりでしたが、あやのイメージが今ひとつのびのびと描けません。これまで出来上がり前の作品を人様にお見せしたことはないのですが、予告してしまったのは生き急いでいるからだと思います。生贄となる少女あやの人生のイメージから、茜(あかね)、緋(ひい)色を探し始めた。蘇芳(すおう)(木の幹)、茜(あかね)(草の根)いろいろ探して今回選んだのは、志村さんが選んだのは紅花だった。草木染の中で唯一花から取れる赤だそうです。草木染とは植物を煮だすなどして一度殺す。その命を別の形で再生させることだそうです。その中でも咲いてもやがて散る紅花の緋色は、汚れ無きはかなさのイメージだそうです。死からの蘇る少女の祈りを込めたものだ。石牟礼は生類のハハたちのいる海底の宮のことを「沖宮」と名付けた。天草四郎はその海底へあやを連れて行った。ふたりの道行を新作能にしたのが「沖宮」である。あやに着せる衣装は緋色でなければならぬ。その緋色は志村さんに染めてもらって「命の秘花」になる。
⑸ 石牟礼道子と水俣病

DSC_2583_201901232131259ac.jpg

 昭和34年、息子の入院した病院で石牟礼道子は水俣病に出合う。石牟礼は出会ったことの責任を胸に水俣病の現実を綴り始めた。水俣患者を訪ね歩き、その苦悩や希望を40年もの歳月を賭けて書き綴った。
3部作「苦界浄土」。「椿の海の記」「天の魚」「流民の都」「草のことづて」
水俣病患者の施設「明水園」で、胎児性水俣病患者の杢くんにあう。「苦界浄土」P170~ジジの独白

DSC_2727.jpg

「杢よい、堪忍せろ、堪忍してくい。お前やそげん体して生まれてきたが、魂だけは、そこらわたりの子どもとくらぶれば、天と地のごつお前の魂のほうがずんと深かわい。泣くな杢。爺やんのほうが泣こうごたる。」
DSC_2592_2019012321312936e.jpg

昭和45年、――水俣病が公式認定から15年たった。加害企業=チッソとの交渉に東京に来た。本社前に座り込んで1年7ヶ月、むしろの上で座り込んでいる石牟礼さんの脳裏に一つの考えが浮かんだ。「江戸時代初期、島原天草の一揆、島原の百姓が幕府の巨大勢力に抗した一揆、禁教令で拷問に苦しんだ教徒たちの殉教。幕府は12万の軍勢で3万7千の命を奪った。「天草の乱は他人事ではない!」天草・島原の乱は水俣で起きた事と無縁ではない。つながっている!自分たちが天草・島原の子孫だという思いがしてきた。歴史から消されてなるものか!
㈥「天草四郎」の衣装製作が始まる。
DSC_2740.jpg
⑵DSC_2683


2017年 秋、志村ふくみ、まだ体調回復せず、長女の洋子さん中心で始まった。
天草四郎の青は、臭(くさ)木(き)――水縹色みはなだいろ。透明感のある「天青」といわれる深い優しい「青」
2018年2月10日、石牟礼道子逝去(享年90)
石牟礼道子の逝去により、患者たちが動き始めた。ある団体では石牟礼さんの新聞記事を切り取って、張り合わせて「エコバック」を作った。新作能が上映される会場で観客に配る予定だ。
水俣病がこれだけ命を奪った。命だけでなく山や海も失う経験をした。誰かが語らなければ、水俣病は歴史になってしまう。語り継ぐ覚悟を持とう。
2018年8月、京都金剛能楽堂 新作能の稽古が始まった。「沖宮」を演じるのは600年続く金剛流。
天草四郎=金剛流若宗家、金剛龍謹、あや=豊嶋芳野
天草四郎を演じ、能の中心的リーダーの若宗家は次のようなメッセ―ジ
「能には自然への畏怖の念というものを主題とした演目がある。「沖宮」にはそういう世界を含んでいる。今後何十、何百年と上演される、繋いでゆくことが大事だ。
7 遺言としての「沖宮」2018年1月16日―-近代病としての「水俣病」
石牟礼道子さんは亡くなる直前、自らの死を悟って、長年のつきあいの編集者たちに、遺言を残していた。
「大事なのは命の声、人類愛というけど足らんですよね。「生類」という言葉を思いついた。何故志村ふくみさんの緋の色か?「草木染」は栽培ではなく天然の草や木、、、海や山につながる。」
「水俣病に関わり始めてから、日本の近代を考えざるを得なくなった。文明とは何か。人類の行く末はどうなるか?日本のみならず、民族の情念はどこへ行くのか?
志村ふくみさんは病を押して、「あやの緋」を染めることになった。石牟礼道子さんとの約束の緋色の能衣装を染め織り上げてゆく。
新作能「沖宮」
2018年10月6日   熊本
2018年10月20日  京都
2018年11月18日  東京
新作能  「沖宮」
作 石牟礼道子。衣装 志村ふくみ。能、金剛流(金剛若宗家、金剛龍謹)
石牟礼が育った天草を舞台に、戦に散った天草四郎と生き残った幼い少女あや。人々の死と再生の物語。
旱魃に苦しむ村のために、雨の神龍神への人柱として、亡き天草四郎の乳兄妹のあやが選ばれる。
緋の衣を纏ったあやは、小舟に乗せられひとり沖に流される。やがて、稲光と共に雷鳴が轟き、
天青の衣を纏う天草四郎に導かれ、ははなる国である沖宮への道行が始まる。

コラボDSC_2753
 
石牟礼さんはチッソ交渉で、加害企業本社前に座り込みながら考えた。天草の乱・島原一揆で多くの民が犠牲になった。時が流れて、同じ天草・島原の民が犠牲になっている。”我々は同じ民・天草島原の子孫ではないか!
死ぬ1ゕ月前の遺言にあるように、多くの人を殺し、海や山を破壊した「水俣病」。恐ろしく巨大な力で文明を生み破壊する近代!
人類の行く末はどうなるか?民族の情念はどこへゆのか?
  1. 2019/01/23(水) 21:23:19|
  2. 美術/ 音楽/舞台/読書/文学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2019年『美術/音楽/舞台/読書』「東京交響・ニューイヤーコンサート19年1月6日」

2019年『美術/音楽/舞台/読書』「19年東京交響楽団・ニューイャーコンサート」
                            サントリーホール・19年1月6日(日) 1/8

DSC_2554.jpg

    秋山和慶(指揮)小山実稚恵(ピアノ)
  * J・シュトラウスⅡ ワルツ「春の声」作品410
  * チャイコフスキー  ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 作品23
  * ドヴォルザーク   交響曲 第9番 ホ短調 作品95
               「新世界より」
音楽会のチッケトを取るのに人気の演奏家だと、半年前の売り出しで電話がなかなか通じない。昨年の内田光子や五嶋龍の場合も同じだった。「ニューイヤー」はそれほどではなかったが、半年前の発売で完売している。
 音楽の思い出として高校時代ウィーン・フイルを日比谷公会堂で聴いたことが鮮明に残っている。孫にもそんな経験をさせてやりたいと思っていた。クラッシック音楽は天満敦子に続いての第2弾。正月の6日(日)会場のサントリーホールは、多くの高齢の男女のなかに少年少女も多少いた。孫は演奏中眠ってしまうことを心配していた。「眠りたかったら、寝てもいいよ」と言っておいたが、、、チャイコフスキーのピアノ協奏曲の途中でコックリしだした。
DSC_2553.jpg

 小山実稚恵のチャイコフスキーは曲にとりつかれたように神懸かっていた。熱演である。小山さんの魂が曲に吸い込まれるように、指揮者の秋山和慶の指揮棒と一体化して終わる、終わると秋山さんに飛び込んでゆくように見えた。
 ドヴォルザークは晩年ニューヨーク音楽院の院長に招かれ、初めてアメリカに渡った。しかし、激しいホームシックに罹って機械的なアメリカ文明に耐え切れなくなって、素朴な故国ボヘミアへの郷愁の念を音楽に託した。「新世界」では黒人霊歌やボヘミア民謡などの民族的なメロディーが次々と登場し、壮大な大曲となって楽しませてくれた。いつ聴いても楽しい元気が湧いてくるような音楽なのだ。孫も今度は目をパッチリ開けて聴いていた。 
 <アンコール>
新年を祝う「ラデッキー行進曲」。指揮者のリードで初め曲の演奏が始まり、聴衆の手拍子の拍手で会場が盛り上がって終わる。 
DSC_2551.jpg





  1. 2019/01/08(火) 17:08:32|
  2. 美術/ 音楽/舞台/読書/文学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『美術/音楽/舞台/読書』「メメント・モリ」(藤原新也詩集)11/24

大きい文字『美術/音楽/舞台/読書』「メメント・モリ」-死を想え(藤原新也/写真と詩集)11/24


DSC_2490_20181124224933579.jpg

 映画「ガンジスに還る」を見て、インドには安らかな死があるのだろうか?死への独特な方法(メソッド)があるのだろうかと思った。生に不安、死に恐怖、を感じるから人間はいろいろ惑うのか?誘惑にかられるのか?

 上記のテーマを考える過程で私は「メメント・モリ」(藤原新也の詩/写真集)に出合った。ある衝撃を受けた。ラテン語「死ぬことを忘れるな!」という警句だそうだ。ページをめくってみると、
*「ちょつとそこのあんた、顔がないですよ」
誘拐するようなギョとする言葉が飛び込んできた。
DSC_2491.jpg

 詩人藤原新也の詩・写真のアンソロジーである。難解な詩句や暗示に富む言葉とショッキングな写真。(写真集なので写真の掲載を遠慮する)意味の分からぬ語句があった。いや、これは時間をかけてイメージを膨らます詩集ではないか?

*「いのち、が見えない。生きていることの中心(コア)がなくなって、ふわふわと綿菓子のように軽く甘く、、、死ぬことも見えない。いつどこでだれがなぜどのように死んだのか、そして、生や死の本来の姿はなにか。」
ポケットの中にもニセモノの生死がいっぱいだ。」
*「本当の死が見えないと本当の生も生きられない。等身大の実物の生活をするためには、等身大の実物の生死を感じる 意識(こころ)をたかめなくてはならない。」
*「死は生の水準器のようなもの。死は生のアリバイである。」

*「祭りの日の聖地で印をむすんで死ぬなんて、なんとダンディなヤツだ!」
ガンジスの岸辺で印を結んで死んでいる遺体の写真。
*「死体の灰には、階級制度がない。」
遺体が真っ赤に燃えている。インドの厳しいカースト制度を想起する。
*「死のとき、闇にさまようか 光に満ちるか 心がそれを選びとる。」
ガンジスの岸辺に緑の布を被った女性が灯りをもって祈っている。周りに白い布の人がその人を守るように祈っている。

 映画「ガンジスに還る」とダブる。いつか見たチベット宗教の壮絶な修行風景を思い出す。ガンジスもチベットも誘惑に満ちた世界だ。
  1. 2018/11/24(土) 19:03:15|
  2. 美術/ 音楽/舞台/読書/文学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『美術/音楽/舞台/読書』「内田光子/シューベルト/ピアノ・リサイタル/第2夜」11/7  16記

『美術/音楽/舞台/読書』「内田光子/シューベルト/ピアノ・ソナタ第2夜」11/7
                ピアノ・ソナタ4番イ短調、 D.537
                ピアノ・ソナタ15番ハ長調、 D.840
                ピアノ・ソナタ21番変ロ長調、D960 11/16記

 DSC_2388_201811152148395ef.jpg

 内田光子「シューベルト=ピアノ・リサイタル」第2夜は、4番D537./ 15番D540 /21番D960の3曲である。第1夜と同じように最も若い20歳の時の作品4番と中期の15番、あの世に旅立つ年の3つのソナタの最後の21番。シューベルトは1797年~1828年と31年の短い生涯であるが、20歳の青春期から31歳の没年まで年を追うことで曲がどう変化したか?

 「4番」(D537)、20歳の時の若々しい曲だ。独特なシチリアーノという序奏のリズム歯切れがいい。第2楽章の歌謡的な旋律は心に響いてくる旋律で、彼も気に入ったのか最晩年の20番(D959)の終楽章で再度使っている。しかし4番には最晩年の凄惨の運命に苦しむ地獄はない。青春の歌だ。

 「15番」(D840)内田は第1楽章モデラートと第2楽章アンダンテを弾いている。アンダンテの悲しみに沈んだ旋律が良かった。全4楽章の内1と2楽章だけを弾いた?未完となっている。私には「15番」の位置が分からない。1825年作曲、死ぬ3年前の作品。没年1828年の3つのソナタ、19番(D958)20番(D959)21番(D 960)とそれ以前のソナタでは次元が違うことは分かるのだ。
 
 没年の1828年の3つのソナタ、20番(D959)の第2楽章「アンダンティーノ」の旋律に震えた。愛おしく孤絶の深淵の中で愛を求める旋律。又、最後のソナタ21番(D960)の第1楽章の出だしの弾き方!彼方からゴーと寂寞たる魂のかたまりが走ってくるではないか!内田はシューベルトの魂の深部に漂う暗黒を表現しようとした。(厳密な意味ではマイクに入り切らない音だろうが)まさに「時の質を変え、密度の異なる時を」経験しているのであろうか?10月29日と同じように今宵11月7日もこのホールを満席で埋めたのである。
 
 前回の29日の時、シューベルトの毒気に当たった。地獄の苦しみ、内部の深淵の誠実な表現。モーツァルトではおきないだろうと思った。

DSC_2390.jpg


  1. 2018/11/15(木) 21:43:15|
  2. 美術/ 音楽/舞台/読書/文学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ