私の見た映画・美術・

映画・美術・イタリア旅行の紀行文の紹介です。

『2017年映画』「残像」(アンジェイ・ワイダ監督遺作・2016年)その 1 6/24

『2017年映画』「残像」(アンジェイ・ワイダ監督遺作2016年)その1  6/24
              監督アンジェイ・ワイダ撮影パヴェウ・エデルマン
              出演ボグスワフ・リンダ。ゾフィア・ヴィフワチ。
                 クシシュトフ・ピェチンスキ。ブロニスワヴァ・ザマホフスカ

DSC_0560.jpg

*2016年10月9日に急逝したアンジェイ・ワイダ監督の最後の作品。遺作となった。
ポーランドの画家ヴワディスワフ・ストゥシェミンスキ(1893-1952)の晩年の4年間―圧政からの芸術家の抵抗を描いた。

DSC_0548.jpg

映画の主人公ストゥシェミンスキはパートナーの彫刻家カタジナ・コブロ(1898-1950)(映画では彼女は登場しない)共に、ロシアの前衛芸術の影響の下、1930年代から50年代にかけて、ポーランド前衛美術の基礎を築いた、と芸術史に書かれているが私には全貌は把握できない。

ロシア(ソ連)やポーランドの前衛芸術は、革命政府の<社会主義リアリズム>によって弾圧・抹殺されたことは承前の事実である。リアリズムによる社会主義のプロパガンダ以外の芸術を一切認めないというスターリン主義の圧政は、今回映画を見ていて治安維持法下のわが国の軍国主義と同じ何だと思った。繰り返すが、時の政治の宣伝以外には敵性芸術と見なされて激しい弾圧をするのだ。

DSC_0558.jpg

*映画の冒頭、なだらかな草原でウッチ造形大学の学生たちが写生をしている。教授のストゥシェミンスキは笑いながら横になって地面に直に傾斜を転げ落ちると、学生たちも一斉にゴロゴロと回転してくる。牧歌的な若々しい雰囲気の風景。教授を始め皆笑っている。しかし、その後は笑いが消えた。

教授は「残像はものを見た時に目の中に残る色なのだ。人は認識したものしか見ていない」と説いている。アパートの自宅のアトリエで片脚のない教授が絵を描いていると、キャンバスが一瞬の内に真っ赤に染まる。スターリンの肖像が描かれた巨大な真っ赤な垂れが、窓という窓を覆いつくしてしまったのだ。激怒した教授は松葉杖で垂れ幕を切り裂いてしまう。当局によって教授は拘束されてしまう。

DSC_0556.jpg

戦後、ポーランドはソ連圏に組み込まれ、1948年にスターリン主義の一党独裁体制が確立された。社会主義リアリズムでない芸術はことごとく弾圧、ストゥシェミンスキの前衛絵画も例外ではなかった。映画は教授が弾圧によって追い詰められてゆく様子を描いている。大学の職を追われ、美術館やギャラリーに飾られた作品は廃棄される。食うために匿名で看板描きまで、当局によって弾圧されてしまう。毎日の食にも困ってゆく。
しかし、ワイダ監督は主人公を高潔でヒロイックな芸術家の受難として描いていない。彫刻家妻カタジナ・コブロとは別れ、彼女が病死しても葬儀には呼ばれない。

DSC_0557.jpg

行き場を失った一人娘ニカ(ブロニスワヴァ・ザマホフスカ)を引き取るものの、

DSC_0553.jpg

愛人の女子学生ハンナ(ゾフィア・ヴィフワチ)がアトリエに頻繁にやって来るので、耐えられず女子寮に戻ってしまう。泣き泣き父の元を去ってゆくニカの姿は悲痛である。
困窮の果てに、病魔に侵された彼は、ショーウィンドーの中の裸体のマネキンを抱え込む様にして壮絶な死を遂げる。このラストシーンに何かを叫び続けているような思いを感じる。

この死のシーンは、ワイダ監督の出発点の作品「灰とダイヤモンド」の、ごみ溜めの中で悶え苦しみながら死んでいった主人公マチェックと重なる。映画全体が最も才能ある芸術家が独裁政権のために弾圧されるが、一人の威厳ある生き方をした証を描いている。見ていて、ワイダ監督は自分のことを描いているのだと感じた。



スポンサーサイト
  1. 2017/06/24(土) 14:23:19|
  2. 『2017年映画』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『2017年映画』「セールスマン」(イラン映画、<別離>のファルハディ監督) 6/16

『2017年映画』「セールスマン」(イラン映画/監督アスガー・ファルハディ 
音楽サッタル・オラキ撮影ホセイン・ジャファアリアン                                              出演、シャハブ・ホセイニ(夫)タラネ・アリシュスティ(妻)
                         ババク・カリミ(男)   6/16

DSC_0535.jpg

[89回アカデミー賞外国映画賞、69回カンヌ映画祭脚本・主演男優の2賞に輝く。]

トランプ大統領のシリア難民拒否とイラク・イラン等中東7ヵ国からの入国禁止に抗議して、イランのファルハディ監督等はアカデミー受賞式を拒否した。

2012年公開のファルハディ監督の<別離>は強烈な記憶に残る作品である。ベルリン映画祭で男女共に銀熊賞(男優・女優)に輝き、イラン映画の存在を世界にアッピールした。
それから、数年後の2017年に「セールスマン」で再び世に問う。

イランは1979年のホメイニのイスラム革命で現代国家として世界に登場した。そのイスラム原理主義は「イスラム頑固主義」の代名詞と異国の僕らは皮肉っていた。イランはイスラム教を国の戒律とした国である。しかし、ファルハディの映画を見ると、古い戒律に生きようとする庶民と民主化された自由な生き方を求めるインテリとのせめぎ合いがテーマの様に感じる。インテリは西欧のそれと変わらぬ自由な近代的精神の持ち主のように見える。主人公のインテリがイラン社会でどう生きるか、イランをどういう国にしたいと考えているかが作品から読み取れるか?
DSC_0538.jpg

映画「セールスマン」では高校教師の夫が妻と共に小さな劇団をやっている。彼らが取り組んでいるアサ―・ミラーの「セールスマンの死」が劇中劇としてうまく使われている。

現代イランの問題を重層的にからませて映画は展開する。現代イランの住宅問題―映画の冒頭、爆撃に会ったかと錯覚するようなビルの崩壊と逃げ惑う人々。建設ラッシュで古いビルを壊す。住民を追い立てるためにビルを破壊する。その騒動で住まいを追われた主人公夫婦は劇団のボス的存在ババクの紹介で、マンションの高層に部屋を借りる。エレベターがないので上り下りが大変だ。その部屋は娼婦が借りていて荷物が放置されたままだった。訳アリの部屋でためらいもあったが、急場のしのぎにやむを得ずその部屋を借りた。
DSC_0537.jpg

夫が留守の時に妻が浴室で侵入者に性的暴行を受ける。演出の上手いところは暴行シーンを一切写さないところだ。観客は想像するしかない。穏やかだった夫婦の関係が一変する。妻は人間が壊れたようになり、夫はそのことを深く理解しない。夫は警察へ届けようというが、妻は頑強に拒む。イスラム社会の戒律・風習の男尊女卑に縛られる。事件は夫婦の関係を壊してゆく。夫は犯人探しに熱中し、<復讐>心に捉われてゆく。妻は益々自己の中に閉じこもってゆく。
DSC_0542.jpg

ラストの30分が圧巻だ。復讐心にかられた夫は残された小型トラックから犯人に辿りつく。犯人は娼婦の客で庶民の初老の男。被害者と加害者の対立、女性の性を忘れた男の復讐心、インテリと庶民、しかし、加害者も庶民としての家族と生活があった。結末はどうなるか?

劇中劇「セールスマンの死」
荘厳な音楽とシェィクスピア劇の舞台のような装置の部屋。劇中劇「セールスマンの死」のラストシーン。かつて敏腕のセールスマンだった主人公が死んで棺に横たわっている。その彼に映画の加害者の老人の死を重ねる。(犯行の責任としての裁きと死と、劇の主人公のドラマを重ねる)

だが、映画の後半感じた「イライラ感」はどこから来るのか?何故か解放去れない束縛感というもの、イランの閉塞感と言われるところから来ているのか?閉塞感の坩堝に追い込む監督の演出か?明日のイランはどういう社会になるのか?いや、監督はどういうイラン社会を作りたいのか?ーその問いは私たちにとってもどういう明日の世界を作りたいのか、と私たちにも帰って来る問題ではないか?明日のイランが描けない!明日の日本が描けない!、、、世界的な閉塞感からきているのだろうか?それが問題ではないか?





  1. 2017/06/15(木) 16:56:17|
  2. 『2017年映画』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『日記』 「共謀罪.強行!」 2017.6.15

『日記』「共謀罪・強行!」2017.6.15

DSC_0543.jpg

政府は委員会を飛ばして本会議で<共謀罪>を可決した。まさにナチスのやり方だ!加計学園問題で突かれたくないため、それが都議選に悪影響を与えるため、「委員会審議採決」を飛ばして本会議で可決して早く国会を閉じて逃げた。「委員会議決」を飛ばしたことは国会のルール無視、参議院はいらないことか!

DSC_0545.jpg

6/14(水)夜、国会議員会館前のデモにいたが、体調が少し悪くなったので、途中で帰宅した。その際、若い人が集会をやっている正門前を通った。<新シールズ>は元気がちがう。迫力が違う。ただ、正門前と議員会館前との間のすき間が気になった。しかも本日共謀罪の最終場面に政府は考えている時点なのだ。「安保法案」の時を思った。あの時は、、、

今夜は徹夜になるだろうと予測したが、体調が不調なので申し訳ないが帰った。翌15日の朝、政府はナチスの如く<共謀罪>を強行可決した。徹夜で頑張った野党のみなさん、国会周辺で声援・抗議をあげた皆さんに敬意を表します。



  1. 2017/06/15(木) 11:01:46|
  2. 『日記』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『日記』「ある漢字練習帳」 6/7

『日記』 「ある漢字練習帳」 6/7

DSC_0522.jpg

夕刊を見てある感慨を持った。それは
<勉楽――魔法の言葉>
「うんこドリル」200万部(すべての例文に「うんこ」という単語を使った小学生向けの漢字練習帳のこと)3月発売一大ブームになり、200万部を越えたそうである。一つの漢字に三つの例文があり、その例文に「うんこ」が入っているそうだ。編集者は「子どもにとって口にするだけで楽しくなる<魔法>の言葉だ」という。

実は4月、孫が漢字ドリルを購入する時に、この本も推奨の中に入れた。ところが孫は「品がない」といって別なドリルを選んだ。本屋で実際に本を探していたが、「うんこ」本には見向きもしなかった。学校にも持っている子がいるようだが、その子の人間性には批判的だと言った。
私は恥ずかしくなった。低俗な次元で孫にこのドリルを薦めたことを恥ずかしく思った。9歳の小4の児童だが、誇りと品位があり、自分の考えを持っていることに感動した。あらためて彼の人格を尊重しなければならないと感じた。親バカならぬジジバカととらないで欲しい。「うんこ」という言葉に「楽しく魔法」を感じるか、下品と感じるか?感性の問題であるが皆さんはどう思いますか?


  1. 2017/06/07(水) 17:45:17|
  2. 『日記』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『2017年映画』「草原の河」(チベット映画・監・脚=ソンタルジャ。出ヤンチェン・ラモ)6/5

『2017年映画』「草原の河」(チベット映画、監・脚・ソンタルジャ 出・ヤンチェン・ラモ。 6/5
                           ルンゼン・ドルマ。グル・ツェテン)

DSC_0511.jpg

チベット人監督による映画の劇場初公開。舞台は監督の故郷青海省海南地区の3000mのチベット自治区だ。半農半牧の貧しいが大地に根ざした一家の生活を描く。父グルと、もうすぐ第二子を産む母ルクドルと六歳の少女ヤンチェン・ラモの家族だ。

DSC_0499.jpg

文革で還俗を強いられた祖父は、改革開放の時代になって再び僧衣を着て修行のために洞窟に籠っている。村人からは「行者さま」と呼ばれて尊敬を集めている。ところが、少女の父は「行者」の父にわだかまりがあって断絶している。
<
a href="http://sinema652.blog.fc2.com/img/DSC_0500_2017060517403606e.jpg/" target="_blank">DSC_0500_2017060517403606e.jpg

チベット仏教の修行僧であった祖父は文革で還俗を強いられ結婚して息子グルを得た。が、改革開放で再び僧衣を着て修行のために洞窟に籠った。修行のためには家庭を顧みなかったために息子グルは家庭的不満を抱いて成長した。父子の仲違いを監督のソンタルジャはチベット仏教の「修行者」と「世俗に生きる者」との断絶と捉えているようだ。具体的には4年前、母が危篤になった時、父に見舞って欲しいと頼んだが、行者の父は「天命だ」と言って母を見舞わらなかった。そのことがわだかまりとなって父を赦すことが出来ない。今、父は病気になって入院を勧められるが、「天命だ」といって洞窟の修行をやめない。

DSC_0484.jpg

ヤンチェン・ラモは草原を駆け回り、甘え盛りの6歳の少女だ。腹の大きくなった母親に、もうすぐ赤ちゃんが生まれること、父親が持っているジー(天珠)から授かったと告げられる。母の愛がその子に奪われることを恐れてジー(天珠)を隠してしまう。そして、母親のお腹を触りながら「ねぇー、赤ちゃんはまだいるの?」と聞く。
DSC_0495.jpg

ヤンチェン・ラモはくまのぬいぐるみを大切にしている。麦の種を蒔く時に、母親が「この一粒がたくさんになって戻ってくる。」と言う。少女は大切なくまのぬいぐるみを土の中に埋めて「くまさんがたくさんになって戻ってくるね」と思う。
ヤンチェン・ラモの描き方がいい。昔幼児の頃に誰にもあった遠い記憶の思い出である。

チベットの高地の大自然のなかでラモたちの家族は質素に生きてゆく。少女ラモの成長物語でもあり、雪解け水が諾々と流れる河がラモの成長や家族の生活を見守っているようでもある。こういう空間と悠久の時間が流れる<世界>がこの世にもあるのである。

『日記』「ある日本庭園で」 6/4

DSC_0519.jpg

先日、昔の同僚との会食後、日本画の大家の記念館に行った。
客間からの日本庭園の趣きがよかった。坐って大きなガラス窓から庭の木々を眺めていると、爽やかなものが体の中を通り過ぎていった。最近心が虚ろになっていたので目が覚めるような気持になった。しばらく、木々に見とれていた。

*『治安維持法』現代版がのさばる世の中が来ようとは!
第2次安倍内閣で極右のスピードが速くなった。秘密保護法・安保法案・共謀罪と恐い恐い法があとからあとから攻めてくる。そして改憲で「軍国日本」の完成か?

みなさん!デモに行きましょう!声をあげましょう!「共謀罪粉砕!」野党よ、ガンバレ!






  1. 2017/06/05(月) 17:05:15|
  2. 『2017年映画』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ