私の見た映画・美術・

映画・美術・イタリア旅行の紀行文の紹介です。

『2017年映画』「鏡 」(監督アンドレイ・タルコフスキー1975年公開) 5/25

『2017年映画』「鏡1975」(監督アンドレイ・タルコフスキー撮影ゲオルギー・レルベルグ
           音楽エドゥアルド・アルテミエフ:詩朗読A・タルコフスキー
           ナレーション:イノケンティ・スモクトゥノフスキー)  5/25

DSC_0448.jpg

   配役 *マルガリータ・テレホワ=母マリア/妻ナタリア 
        *イグナート・ダニルツェフ=ナレターのアレクセイ、(つまりタルコフスキー)/
タルコフスキーの息子(イグナート)
        *オレグ・ヤンコフスキー=タルコフスキーの父アルセニー
*フィリップ・ヤンコフスキー=幼年期の作者(タルコフスキー)
        *医者/アナトーリー・ソロニーツィン)
        *挿入音楽/バッハ「オルガンのためのプレリュード」「ヨハネ受難曲
           他にパーセルの「弦楽組曲」他。

1975年公開。タルコフスキーの自伝的映像詩。自伝の中に<自己>とは何だったかを見つめている。
タルコフスキーは少年時代に父母離婚、母子家庭の赤貧の戦争期を過ごした。「鏡」は母との思い出が語られる。

* A:プロローグ(映画とは、下意識又は未意識の表現。映画論)
吃音の言語障害を持った少年が回復訓練を受けている。女医が催眠術をかけ「気持ちを楽にさせて<僕は話せます>と言って御覧なさい」と指示する。女医の言葉を鏡像のように繰り返した時、少年は話すことが出来る。無意識の中に確かに存在するが、何かの障害によって意識に再現されない記憶。このような「心の奥の深部のイマージュ」を鏡に映るように、虚構の手立てによって、再現するのが映画だとタルコフスキーは言っている。

「若き母(マルガリータ・テレホワ) 
母DSC_0467

鏡は人間に自分自身の像を与える。その表面では時間も屈折する。それはまた人がそれを通して別の世界へ、他の意識の状態へ移行する装置でもある。時間と空間はタルコフスキーの鏡で出会うのである。重要なキーポイント、カメラのレンズのように、ミクロコスモスの宇宙をつかまえるリズムとして機能しているのである。
また、「鏡の国のアリス」で我々は鏡の先に別の世界があることを知っている。「鏡」は見ているものを写すが、「鏡」の奥に別の不可思議の世界が存在するのではないかと夢想をかきたてる。異なる場所や時間、或いは異なる意識の状態を飛躍して移動させる。

*B:少年時代の思い出
映画はタルコフスキーの少年時代の思い出を手繰り寄せる。

DSC_0449.jpg

① 若い母が垣根に座って煙草を吸い、遠くを見つめている。一人の男が草原のゆるやかな小道を近づいてくる。医者だという見知らぬ男が作者の母と意味ありげに話し去ってゆく。代わって作者の父アルセニーの詩を朗読する声が流れる。(朗読はタルコフスキー)
*このシーンで家の前のゆるやかな草原を一陣の風が吹くと、その瞬間に騒めく草の様子、去ってゆく医者のとまどい、後悔などの心象の表現なのか?自然の現象で人間の心象風景をイメージさせる見事なシーン。

➁ 作者の母マリアは「原稿の校正者」として自立した生涯を通した。思い出の母はうっそうと生い茂った林の中の祖父の家で、たらいに水を入れて髪を洗っていた。長い髪が水に滴っていた。天井を破壊して水が滴れ落ちてくる。漆喰の壁さえも落としてくるのだ。その時、若い母親(マルガリータ・テレホワ)が鏡をのぞき込むと、若い彼女の顔ではなく年取った実母マリヤ・イワーノヴァナの顔を目にするのである。ひとり二役の妙味!二つの世代にまたがる時間の螺旋階段か。
マルガリータ・テレホワはアレクセイの若い妻ナタリアと若き日の彼の母マリヤの二役を演じている。この場面では鏡を通してだが、二人が差し向いになる場面がある。ここで彼女の視線によって、一瞬、自分が未来の60歳代の女性として捉えられる。単純なイメージで、妻と母の人物が溶け合う。過ぎ去った時間と未来、記憶と予見は、現在のなかにとらえ返されるのである。

*幼き少年が見た「母の長い髪が水に滴る」イメージの玲瓏さ
*「水」はタルコフスキーにおいては重要なモメントだが、その意味は?
*鏡の実母マリヤと若い母マリヤの二重性は「時間の螺旋階段」を表しているのか?

③ あれは1935年の干し草置き場で火事があった時のこと、その年から父がいなくなった。
(タルコフスキーの父は別に家庭を持った。1930年代という困難な戦争期を母マリヤは子タルコフスキーを育てた。戦争期なので赤貧の生活だった。

④ 母からの突然の電話でエリザヴェータの死を知らされた。母の印刷所校正係の時代の同僚だ。印刷所の頃の或る日、校正に重要なミスをしたかと、母は狂ったような深刻な顔をして早朝印刷所に出かけた。独裁者スターリンの原稿で誤植が政治的意味を持ち、人の命に関わる時代だった。幸い母の勘違いだった。その時同僚のエリザヴェータに咎めるように言われたのか?彼女の死と誤植事件がセットになって恐怖の思い出になっている。

⑤ 若い母親が家に帰る。彼女は自分の二人の子どもをあたかも心の目で見るかのように見る。坊主頭の息子はテーブルにこぼれたミルクを黒猫がなめるのを見る。背後でタルコフスキーの父アルセニーが自分の愛の詩『はじめての出会い』を読んでいるのが聞こえる。そこでは「あなたのもうひとつの領域に、鏡を越えて」入っていくことが歌われている。このシーンは父と母の愛の蜜月時代か?、父アルセニ―作の<詩>がたびたび登場する。少年時代には決して出てこない父。しかし、父の詩はたびたび出て来る。

DSC_0447.jpg
⑥ 映画の終わり近くのエピソードは痛々しい。母が少年アレクセイを連れて雪の中(ブリュ―ゲル的な雪の野原で遊ぶ子どもたちの風景)遠方の祖父の知り合いの医者の家に宝石を売りに行った。経済的に逼迫(ひっぱく)していたのだ。親子の赤貧の状態を感じるが、そこで豊かで暖かな家庭を見る。母子家庭のアレクセイにとって、こういう家庭・生活があるのだと知らされる、、、我々の胸をかきむしるシーンである。

DSC_0446.jpg

DSC_0482.jpg

*若い頃の母が鉄のベットの上に空中浮遊しているシーンがある。白い鳩が画面を横切って行く。シャガールの「空飛ぶ恋人たち」ではないが、愛の表現だろうか?

*C: 三世代の螺旋階段
映画の出来事は三つの世代にわたっており、タルコフスキーが生まれる1930年代に始まり、現代(1975年)につながっている。つまり始まりと終わりが時間の無限の螺線のなかでつながっているのである。タルコフスキーの父が、妻や子と別れ再婚するように、タルコフスキーも最初の結婚に別れを告げて、妻や子と別れてしまう。そして再婚をし、もう一人の子どもアンドレイが生まれる。この時タルコフスキーは自分自身の幼年時代と別れてゆく子とが同じ運命を歩むことの痛ましさを感じる。

過去と現在を往復しながら、作者タルコフスキーの記憶が呼び出されてくる。それにつれて、ロシアの歴史、過去の時代の政治状況が描き出されてくる。ナチスとの攻防・スペイン戦争・第2次大戦・原爆投下・中ソ国境紛争・中国文化革命と歴史ドキュメンタリーの映像が挿入される。映像の場面に、詩人であった父アルセニーの詩を朗読するタルコフスキーの荘重なロシア語が響いてくる。

*ダ・ヴィンチの「ジネヴラ・デ・ベンチ」の肖像を画面に使っているが、「ノスタルジア」の「出産の聖母」ほどの意味を見出されなかった。
鏡の絵ダ

*長年の懸案だったタルコフスキーの映画を見て、それについて書くことを、今回最小限ですが果たしました。ここでひとまず区切りといたします。
                 
あらためて、タルコフスキーは難解だと思いました。しかし、スケールの広大さ、テーマの重要性、撮影・音楽・絵画で展開する総合芸術だと思いました。不可解な表現がありましたが、タルコフスキーは面白かったです。






スポンサーサイト
  1. 2017/05/25(木) 13:58:52|
  2. 『2017年映画』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『2017年映画』「ノスタルジア1983年」(アンドレイ・タルコフスキー)5/19

『2017年映画』「ノスタルジア1983年」 5/19

先日の「サクリファイス」に続いて渋谷の「UPLINK]にての鑑賞。感動しました!

①DSC_0453

監督アンドレイ・タルコフスキー。1983年イタリアで製作、カンヌ映画祭大賞。
出演、アンドレイ・ゴルチャコフ(オレーグ・ヤンコフスキー)ドメニコ(エルランド・
 ヨセフソン)エウジェニア(ドミツィアナ・ジョルダーノ)ゴルチャコフの妻(パトリツィア・テレーノ) 撮影ジュゼッペ・ランチ
関連:音楽、ヴェルディの「レクイム」、ベートーヴェン第九交響曲、ロシア民謡 
  :絵画、ピエロ・デッラ・フランチェスカ「出産の聖母」
  :教会、シエナ郊外「サン・ガルガーノ修道院跡」。トスカーナのサン・ピエトロ教会
  :湯治場 シエナ郊外「バーニョ・ヴィニョーニ村」

DSC_0478.jpg

うら悲しいロシア民謡、さらにヴェルディの「レクイエム」が流れて、美しい緑色の風景。森と沼。朝霧が煙る中、なだらかな丘を女たちと子どもが犬と一緒に降りてくる。映画の冒頭のロシア田舎のシーンはこの映画の原点であり、監督タルコフスキーの原イメージでもある。
「ノスタルジア」とはロシア人が海外を旅行すると、必ずや襲いかかる母国ロシアへの郷愁ともいうべき独特な感情を指す、という。

朝霧がかかる緑の草原を一台の自動車が行く。イタリアはトスカーナの田園地帯の濃白色の霧に覆われた風景。髪が長く背の高い美しい女が下車する。ロシア語で「素晴らしい風景よ」と言うと、男が「イタリア語で話せ」と。「光の具合がモスクワの公園と似ているわ」、だが男は「美しい光景はもう飽きた」とロシア語でつぶやく。
男はアンドレイ・ゴルチャコフ(オレーグ・ヤンコフスキー)。18世紀ロシアの音楽家サスノフスキー(イタリアを放浪し、ロシアへの郷愁に駆られ、帰国すれば皇帝(ツアー)によって農奴の身に戻されるのを覚悟の上でロシアに帰り自殺したという)を調べてイタリアを旅して二年になる。旅に疲れた様子。

DSC_0472.jpg

女はイタリア人の通訳エウジェニア(ドミツィアナ・ジョルダーノ)。

①DSC_0422

*映画ではこの教会のピエロ・デッラ・フランチェスカの「出産の聖母」に、近在の女性信者たちが深い信仰を持って祈りを捧げている。エウジェニアが教会に入って行くと「出産の聖母」の絵、横にシエナの聖人「聖カタリーナ」が、蝋燭を灯した女性たちに祝意を与えていた。「出産の聖母」の腹部にナイフを入れると小鳥が飛び立ち、後から後からと飛び立つ、息を呑むシーンが続く。多産のシンボルか?お産の聖母として女性たちの信仰を集めた。

(*昔、フランチェスカの絵画を巡る旅の時、モンテルキの「出産の聖母」を見にいった。素朴な村のお堂に等身大のピエロの絵は飾られて、村の若者が管理していた。村人たちが聖母像を守ってきた歴史が感じられ、近在の村の女たちの熱い信仰で支えられていることがよくわかった。尚、所有権を巡って教会と村と文化財省が争っていたが、その後どうなったか?)

DSC_0451_20170519235151b91.jpg

(*イタリア在住の美術家に、タルコフスキーの撮影現場だとして連れて行ってもらったところが映画の「サン・ピエトロ寺院」であった。本当の名前は違っていたと記憶する。古い素朴な教会で撮影現場は教会の地下で蝋燭が一杯に灯されたシーンを思い出す。が、ここに「出産の聖母」もってきたのか!)

映画の主人公アンドレイ・ゴルチャコフはイタリアの旅も二年になり、しかも心臓病が悪化しているようであり、ノスタルジアに駆られてか時々夢や幻想にふける。アンドレイの心情はいかなるものか?彼が見た夢や幻想から分析するしかないが、、、

田舎DSC_0457

アンドレイDSC_0455

夢に度々現れる妻とイタリア人のエウジェニアがハグをする、トスカーナの寺院で見た聖母像が出てきて、三者互いに抱きしめ合う。その場所は映画冒頭のロシアの懐かしき田舎の風景なのだ。つまり、アンドレイが幼少期を送った場所と思われるのだ。彼が帰りたいところはどこか?決して現実のソ連ではなく、幼少期のあの夢幻の田舎なのだ、、、結局帰るところは今の彼にとって何処にもない、、、既に失われた世界なのだと。

主人公は湯治場として知られる、シエナの南東小さな村バーニョ・ヴィニョーニにいる。
詩人ドメニコ(ベルイマン映画の名優エルランド・ヨセフソン)がシェパード犬を連れて散歩している。シエナの聖人カテリーナと話したとか、世界の終末を思い、家族を七年間も家に閉じ込めて精神病院に監禁されていたとか、狂信者と噂される。彼が街中に出て来るのは珍しい。

ドメニコが住んでいる廃屋をアンドレイは訪ねる。天井からの水が床や瓶に滴っており、廃壁には1+1=1´が記されており、ベートーヴェンの第9をかけながら、1+1=2ではなくより大きな1になると説くドメニコ。「村の広場にある温泉で蝋燭を灯して端から端まで渡りきれれば世界は救済される」とドメニコは説く。心臓病を患って死の影が漂うアンドレイはドメニコの話しに共感し、世界救済の苦行を託される。アンドレイにとっての1+1=大きな1は何か?その筋道を掴めた。より大きな1に辿りつくにはどうすればよいか?

ドミニコDSC_0432

ローマの階段状の広場で大衆に向かって三日間にわたって演説する詩人ドメニコ。ドメニコはカンピドリオ広場のマルクス・アウレリウス像に上り人々が固唾を飲んで見守る中で演説を続けた。「我々の心は影に囚われている、、、願いを持続しなければ、、、」「私たちの耳と目に大いなる夢の始まりを満たすのだ」人々は無感心。そしてドメニコは狂乱の中で頭からガソリンをかぶり、大音量で第九シンフォニーを流し焼身自殺を図るのだった。第九の合唱は「すべての人は兄弟となり、、、」のところで彼の死ともに途切れた。
ドミニコは大音響の音楽と火を自らに灯すことで、人々に世界の救済を訴えたのだ!

消さないDSC_0433

ヴィニョーニ温泉ではアンドレイが蝋燭を手にして温泉を渡ろうとしていた。しかし、炎は消えてしまいなかなか進むことが出来ない。何度目かにやっと炎を絶やすことなく渡りきったアンドレイは体調が急変して急死してしまう。彼は死に際に世界が覚醒したような感じを受け――あの懐かしいロシアの田舎の風景の中にいた。

DSC_0415.jpg

彼が見た死後の世界は、、、カメラがゆっくりと引いてゆくと、彼の背後を田舎のロシアの小さな家と家族の姿、さらにカメラは引いて、荒廃したイタリアの寺院の中に彼らの世界が包まれていることがわかって行く。アンドレイの原点ともいうべきロシアの田舎の風景、それを取り巻く彼が旅したイタリアの廃墟の教会、二重性のー夢の融合のなかにいた。

①DSC_0440

いつしか、雨が降り始め、雪に変わり、世界を洗っているかのようだ。

* 私は最後の映像に、感動で体が震え、あとからあとから止めどもなく流れてくるのを止めようもなかった。と同時に何故か幸福感みたいなものを感じた。

「ノスタルジア」の詩人ドメニコといい、「サクリファイス」の主人公に共通している世界救済論は、宇宙論的に「みんなに代わって贖罪する」という観念。ドストエフスキーなど19世紀の文学にはその課題があった。タルコフスキーの重要な主題でもあった。

*タルコフスキーの映画を考えた時、言葉では言い尽くせない事柄の表現として、音楽・映像がある。「マタイ受難曲」など先程のテーマには最適な音楽ではないか。また、「水」のイメージは何を意味するのだろうか?詩人ドメニコの廃屋は水が重要だ。水と共にあるといえそうだ。また、「火」のイメージもいえるのだが。





  1. 2017/05/19(金) 23:47:03|
  2. 『2017年映画』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『日記』「<共謀罪>の強行採決に抗議します!」 2017年5月19日
     だんだん、治安維持法に近づいてゆく。70年前に逆戻り。
     戦後70年は何だったのか?




  1. 2017/05/19(金) 23:03:48|
  2. 『日記』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『2017年映画』「サクリファイス1986年」(アンドレイ・タルコフスキー) 5/14

『2017年映画』「サクリファイス1986年」(アンドレイ・タルコフスキー)5/14

DSC_0407.jpg

「出演エルランド・ヨセフソン」。「音楽=バッハのマタイ受難曲、スウエ―デンの民俗音楽、日本の尺八」。絵画「ダ・ヴィンチの東方3賢人の来訪」。86年度カンヌで審査員特別大賞。

渋谷の多目的スペース「UPLINKアップリンク」でA・タルコフスキーの「サクリファイス1986年」をやっていた。席が20しかない小部屋、研究会用なのか?宣伝をしていないので普通は見落としてしまう。

<アンドレ・タルコフスキー>
監督DSC_0417

「アンドレイ・タルコフスキー」(ソ連の映画監督。1932~1986/ 84年自由を求めて亡命
し1986年パリで没。享年54歳。60年代の青春時代から表現の自由を求めて権力と闘う。
検閲との闘いで象徴的表現や暗喩が多く、難解さに解釈が難しい。)
私にとって最も難解で気になる映画監督である。生存中にもっと見ておきたかったという後悔の念がしきりにある。だが、難解なので挫折したかも知れない。

父はウクラナイの著名な詩人アルセーニ・タルコフスキー。タルコフスキーの幼少期に父は家を出て別に家庭を持ったので、母に育てられる。赤貧のうちに育ち、音楽、絵画の道を志すが断念、後に映画を目指し国立映画大学に入学。
主な作品
1960年「ローラーとバイオリン」
1962年「僕の村は戦場だった」
1967年「アンドレ・ルブリョフ」
1972年「惑星ソラリス」
1975年「鏡」
1979年「ストーカー」
1983年「ノスタルジア」
<ノスタルジアー―タルコフスキーの原風景ではないか>
ノスタルジア①

1986年「サクリファイス」
    パリにて客死、享年54歳。

何年か前にイタリアへ行った時にある画家から、タルコフスキーの「ノスタルジア」の撮影現場の教会に案内された。撮影現場は教会の地下らしいが、「ノスタルジア」は見ていたが、地下に蝋燭を灯(ともし)たシーンを漠然と思い出した程度のタルコフスキー理解だった。だが、古びいた訪れる人の少ない村の教会に強烈な印象を持った。

<舞台になった教会>
DSC_0415.jpg

<サクリファイス>
バッハの「マタイ受難曲」が流れている。キリストの受難の場面のバッハの名曲だが物悲しい場面を想定させる。海辺に立つ1軒の家と草原の情景がバッハの曲に添えられて一つの世界を造っている。舞台はスウェーデンのゴトランド島。
主人公アレクサンデル(エルランド・ヨセフソン)が息子トミーと一緒に木を植えている。誕生日を迎えた息子は言葉を喋れない。
DSC_0410.jpg

若い僧が師の命を救うために枯れ木を植えて毎日水をやったら、3年後に花を咲かせたという伝説を息子に話した。(父の願いとしては息子が言葉を回復して欲しい)アレクサンデルは舞台の名優だったが、突然引退してゴトランド島で評論を書きながら暮らしている。一家は妻のアデラィデ(スーザン・フリートウッド)と娘のマルタと息子のトミー。小間使いのジュリアと召使いのマリアである。
主人公は何故俳優を引退して海辺の家に籠っているか?

誕生祝いのパ―ティーのために親友の医師ヴィクトル(スヴェン・ボルテル)や郵便夫オットー(アラン・エドヴァル)が駆けつけることになっている。
アレクサンデは誕生日を迎えた息子と木に水をやっていたところに、郵便夫のオットーがやってきて、アレクサンデルにニーチェを使って議論を吹っ掛ける。オットーはさしずめメフィストフェレス(ゲーテの<ファースト>に出て来る悪魔)か?誕生祝いの祝電を持ってきたのだ。単なる郵便夫ではなくアレクサンデルを取り巻く友人である。
妻のアデラィデが親友の医師ヴィクトルを案内してやってくる。ヴィクトルは誕生祝いに「ルブリョフのイコン画集」を持参したようだ。オットーも17世紀の本物のヨーロッパ地図をお祝いに持ってきた。高価すぎて頂けないと辞退するが、犠牲がなければプレゼントではないという。息子の誕生祝いのパーティーに豪華なプレゼントはどういう意味を持つのか?
(*「ルブリョフのイコン画集」はタルコフスキーの67年の作品の主人公だが、「17世紀のヨーロッパ地図」といい、ここでの誕生祝いのプレゼントの意味は解らない。又、書斎の壁に掛かっているダ、ヴィンチの「東方3賢人の来訪」の絵画はキリストの生誕の祝いだが、「マタイ受難曲」のキリストの受難とどう関係付けるのか?

妻はアレクサンデルの俳優引退に不満で夫婦は争いが絶えない。親友のヴィクトルはいつも仲裁役だ。映画の画面に不気味さを漂わせ、子どもが急にいなくなる。アレクサンデルが探す内に、オットーが不思議な出来事を語り失神してしまう。テーブルの上のグラスが音をたてはじめ、激しい地鳴りと轟音。戸棚の水差しが落ち、ミルクが床にこぼれる。
自宅の外にアレクサンデルは自分の家とそっくりなマッチ箱のような家を見つける。子どもが誕生祝いに作ったものだとマリアはいう。子どもは2階のベットで深い眠りについていた。

書斎のダ・ヴインチの絵から異様な声がした。アレクサンデルが階下に降りてゆくとテレビで「核戦争」が始まったというニュースが流れて電気が消えた。パニックに襲われる。妻は不幸な結婚・人生を呪い泣きわめく。娘のマルタは医師のヴィクトルを誘う。神を信じなかったアレクサンデルは狂気を賭けて、愛する息子や家族を救うために、全てを捨てて神に救いを請い、自らを犠牲に捧げる<サクリファイス>=献身・犠牲を行おうとして倒れてしまう。「マタイ受難曲」の「神よ、私の涙にかけて御赦し下さい」である。
目が覚めたオットーが魔女のマリアを抱けば救われるとアレクサンデルにささやく。彼はマリアの家に行き彼女にひれ伏す。

翌朝、アレクサンデルが目覚めると世の中は何事もなかったように平静な朝であった。テレビをつけると核戦争などなかった。いつものようにオーディオで日本の楽器尺八の透明な音色を聞いて心の平静を保っことができた。彼は何事もなかったのは自分が魔女と寝たからだと思い、神に犠牲<サクリファイス>を払う必要と思い実行にかかるのである。

<サクリファイス=犠牲として己の家を焼き払う>
DSC_0409.jpg

息子は言葉を回復した。

*ソ連のウクライナの「チェルノブイリ原発事故」が1986年4月26日。「サクリファイス」の撮影が開始されたのが1985年、完成公開されたのが1986年5月9日。直接関係はないが、余りの偶然の符合に何かの暗示を感じた人は多かった。当時のヨーロッパでは「核戦争の恐怖」を現実のものとして生きている人が少なからず存在したのである。
*タルコフスキーの視点が核戦争・科学文明技術の行末にバッハの「マタイ受難曲」やダ・ヴィンチの「東方3賢人の来訪」レベルであり、偶然の符合やチェルノブイリ原発を予見したというレベルではない。ただ、難解だ。例えば言葉を失った子どもが何故回復したのか?その解は何だろう?





  1. 2017/05/14(日) 17:06:14|
  2. 『2017年映画』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『日記』「パソコンが故障しました」5/14

『日記』「パソコンが故障しました」 5/14

*5月11日、パソコンが故障しました。光ケーブルのVDSL装置の故障だそうです。PCの横についている「ルター」?と呼ばれているものです。「光ケーブル」の故障はPC,電話が使えなくなります。通信のおおもとの故障は初めてで故障の原因に辿りつくまでちょっとしたパニックでした。この1週間は慌ただしく過ぎました。
13日にNTTの人が来て、装置の故障ということで、取り替え復旧しました。PC関連の故障は度々ですが、今回は初めての体験でした。「メカ音痴」なのでこういう体験をするたびに嫌気がさし、PCなんかやめようと思うのですが、つい便利さのために又始めてしまうのです。

また、私のような者でも通信で交流しょうという方がいる限り、又、私が力のある限り、皆様にお目にかかりたいと思うのです。



  1. 2017/05/13(土) 22:53:44|
  2. 『日記』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ